/

外国人労働者、今後も増える? 受け入れ策は転換点に

キャベツを収穫するインドネシアからの技能実習生(茨城県茨城町)

最近、様々な場面で働く外国人を見かけるわね。日本の外国人労働者政策とはどんなものなの。今後、新しい政策が始まると聞いたけど、外国人はさらに増えるのかな。

外国人労働者受け入れ政策について、是枝由香さん(46)と合川瑞穂さん(34)が水野裕司編集委員に話を聞いた。

――外国人労働者の現状について教えてください。

働く外国人は増え続けています。2017年10月末の総数は約128万人と5年でほぼ倍増しました。足元で増えているのは専門的な知識を持つ人材、技能実習生、留学生のアルバイトの3分野です。

そもそも日本の外国人労働者受け入れは、高度な専門知識を持つ高度人材に限定しており、いわゆる単純労働については原則として認めていません。高度人材に対しては年収や学歴、職務経験、日本語能力などをポイント化し、高得点の人には最短1年での永住や家族を連れてくることを認めるなど優遇しています。

ただこうした政策は建前の面があり、本音の部分は違っています。その典型が1993年に始まった技能実習制度で、途上国の外国人を一定期間に限り受け入れ、職場内訓練(OJT)で技能を移転する仕組みです。現在77職種を対象に約27万人が単純労働分野を中心に従事しています。

――日本の人手不足も影響しているのですか。

それは明らかです。20年の東京五輪の影響もあり建設・土木やサービス分野の人手不足が深刻化しているほか、介護の担い手も足りません。こうした分野から技能実習制度の拡充を求める声が出ていました。政府は15年度に建設業について、実習生の滞在期間を従来の最長3年から5年に延ばしました。さらに17年11月には対象職種に介護を追加するとともに、職種に制限なく最長5年の受け入れを可能とする道を開きました。

ただ技能実習制度に対しては、賃金不払いや劣悪な労働環境、人権侵害といった問題も多く、国際的な批判も出ています。当初の国際貢献という建前と、人手不足に悩む分野の人手確保策という本音の開きが大きくなっています。

――今後、新しい政策が始まると聞きました。

政府は19年4月に、最長5年間の新たな就労資格を設ける方針を打ち出しました。詳細は検討中ですが、対象としては建設、農業、介護、造船、宿泊の5分野が挙がっており、一部の製造業や外食産業も対象になる可能性があります。25年までに50万人超の就業を目指すといわれます。

新制度の資格を得るには、技能実習制度を修了するか、新設される試験に合格することが条件となります。技能実習生の滞在期間は最長5年なので、新制度と合わせて10年間日本にとどまることもできます。そういう意味では外国人受け入れ政策の大きな転換です。ただし家族を連れてくることは認めない方向です。

――何を基準に政策を検討すべきなのでしょうか。

一つは外国人の受け入れ拡大がもたらすリスクを見極めることです。欧州では人手不足が著しい職種に外国人を入れるとどんな影響が出るのか予測する「市場テスト」を実施する国もあります。日本の新制度の対象となるのは比較的低賃金の職種です。こうした職種で外国人を受け入れると、産業構造の高度化が妨げられ、同じ職場で働く日本人の賃金も抑え込まれて低賃金の固定化を招きかねません。

もう一つは日本が外国人に選ばれなくなる恐れです。新制度で50万人超の受け入れを目指すといっても、外国人にとって日本はそれほど魅力的な国でしょうか。アジアを見渡すと中国やタイでも少子高齢化や労働力不足が進んでおり、外国人労働者の取り合いとなっています。そうした中で「10年たったら帰国してくれ」と言わんばかりの都合の良い仕組みでは、働きに来る人のメリットは乏しいです。

本来は外国人との共生を目指して、日本語習得や子弟の就学、医療面の支援に力を入れるべきです。いずれは帰国するとの前提なので、年金や医療など社会保障面の手当てもほとんど進んでいません。

ちょっとウンチク

「やさしい日本語」の教育を

外国人の受け入れを拡大するなら日本語を身につけてもらうことはより大事になる。注目されるのが自治体の職員研修などで広がる「やさしい日本語」だ。「可燃ゴミ」「不燃ゴミ(金属製品など)」は「もやすごみ」「こわすごみ」に、「避難」は「逃げる」に言い換える。外国人にとっての分かりやすさを第一にしている。

教え方の工夫も進む。「割引という漢字は書けなくてもいい。店で損をしないよう『わりびき』としっかり発音できることが大切」と言う日本語教師も。生活に役立つかどうかの観点でみれば、従来の日本語指導には反省点も多そうだ。

(編集委員 水野裕司)

今回のニッキィ


合川 瑞穂さん かき氷にはまっている。お店を食べ歩いた時期もあったが、最近はもっぱら家で毎日、少しだけ食べるのが楽しみ。「子供の頃を思い出して、いちごのシロップがお気に入りです」

是枝 由香さん 昨年から母と一緒に盆踊り大会に参加している。今夏には海外からのお客さんを連れて行った。「彼女も初めて浴衣を着て喜んでいました。距離がぐっと近づいたように思います」
[日本経済新聞夕刊 2018年8月20日付]

「ニッキィの大疑問」は原則月曜更新です。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン