スペシャル

フォローする

ボクシング元王者・名城と長谷川 試練の再起、拳固める

(1/3ページ)
2011/8/24 7:00
共有
印刷
その他

世界王座を2度獲得した関西のジム所属のボクサー2人が今夏、そろって再起への道を歩み始めた。名城信男(29)、長谷川穂積(30)。ベテランの域に差し掛かった2人に共通する思いは「まだ自分は強いはず」。それを証明するため、新たな目標を実現するためにリングに上がる。

■「自信取り戻す」

7月30日、大阪市住吉区民センター。レイ・ペレス(フィリピン)を3-0の判定で下した名城は「もう一度こういうレベルで勝てて、自信を取り戻せた。まだまだ動けると再確認できた」と、ホッとした表情を浮かべた。2月に世界ボクシング評議会(WBC)スーパーフライ級王座挑戦に失敗して以来、5カ月ぶりの再起戦だった。

世界ボクシング機構(WBO)フライ級9位で11戦全勝の戦績を持つペレスは侮れない相手。ただ、実力者に勝ったという喜び以上に安堵感が大きかったのは、これが「負ければ引退」という背水の陣で臨んだ一戦だったからだ。

■突進力に陰り

当時国内最速のプロ8戦目で世界ボクシング協会(WBA)スーパーフライ級王者に上り詰めたのは2006年のこと。パワフルな前進で相手を倒す武骨さで、下馬評を覆す勝利を重ねた末のスピード戴冠だった。

一度は陥落したものの返り咲きを果たし、「技術で上回る相手を下手くそなスタイルでつぶす」と言い切る潔さも魅力だった。

そんな突進力に陰りが見えていた。昨年5月、今年2月の世界戦での連敗は、相手の技巧に勢いをそがれた末の判定負け。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
IBF世界ミドル級王者決定戦でセルゲイ・デレビャンチェンコに判定勝ちし、世界王者に返り咲いたゲンナジー・ゴロフキン=APAP

 ボクシングのミドル級のスーパースター、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が敗北寸前の大苦戦――。5日、米ニューヨークのマディソン・スクウェア・ガーデンで行われた国際ボクシング連盟(IBF)世界ミ …続き (10/7)

6月の対戦でジョシュア(左)は4度のダウンを奪われTKO負けを喫した=ロイターロイター

 2019年最大の一戦は中東の地で行われることになった。世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)、世界ボクシング機構(WBO)ヘビー級王者アンディ・ルイス・ジュニア(アメリカ)と前王 …続き (8/26)

優勝から遠ざかっている阿部一二三にとっては正念場の大会になる=共同共同

 柔道の世界選手権が25日、東京・日本武道館で開幕する。東京五輪の選考レースでも大きな意味を持つ登竜門。なかでも同じ階級に日本選手が2人名を連ねる男女4階級はただ1枚の五輪切符を巡り、ライバルとの激烈 …続き (8/24)

ハイライト・スポーツ

[PR]