/

西武・渡辺監督 4年目の苦悩、「明るさ」に陰り

スポーツライター 浜田昭八

吉田義男元阪神監督は2度目の監督だった1985年からの3年間に、「天国と地獄」を味わったと回想した。1年目の85年にセ・リーグ優勝、日本シリーズで広岡達朗監督率いる西武を下して日本一になった。

だが、翌86年は勝率5割で3位。3年目の87年は開幕13戦目で最下位に落ち、浮き上がれないままに終わった。41勝83敗6分け、勝率3割3分1厘は球団ワースト記録。「勝ったときにこそ、補強に力を注ぐべき」が、地獄で得た教訓だ。

渡辺監督も1年目に日本一に

今の西武は当時の阪神と似ている。渡辺久信監督が就任した2008年はパ・リーグ優勝、クライマックスシリーズ(CS)で2位日本ハムを下した。日本シリーズでは原辰徳監督が率いる巨人を4勝3敗で破って日本一になった。

だが、翌09年は勝率5割の4位。10年は盛り返して2位だったが、CSで3位ロッテに敗れた。今季は開幕後の出遅れが響き下位に低迷。CS進出も容易でない状況だ。

台湾で指導者としての腕を磨く

就任1年目で日本一監督になった渡辺は、本人が照れるほどの賛辞に包まれた。

西武の主力投手として14年間で124勝(105敗26セーブ)をマークした後、98年にヤクルトへ移籍。ヤクルトで1年投げたあと台湾へ渡り、同地のプロ球団で投手兼任コーチで3年働いた。日本球界より低い報酬と悪いプレー環境にもめげず、指導者としての腕を磨いた。

04年に西武へ呼び戻され、2軍コーチを1年、2軍監督を3年務めた。日台両球界の若者と濃密に接したこの時期の経験が、現役時代"やんちゃなエース"だった渡辺を人間的に大きくした。

07年10月に監督に昇格したとき、「選手を前面に出し、明るいイメージを取り戻す」と語った。名将・広岡、森祇晶が常勝西武を築いた。伊東勤前監督も伝統を引き継ぎ、理詰めの管理を貫いた。強さは保ったが、明るさと自主性が希薄になった感じだった。

選手たちと話し合い

そこで渡辺は選手たちとよく話し合い、思いやりのある扱いをすると心掛けた。甘やかし、ともいわれたが、中島裕之、中村剛也らが伸び伸びとプレーして好成績を残した。投手陣でも涌井秀章、岸孝之らが力を出した。

ただ、練習は厳しくした。打線から和田一浩、カブレラが抜けたが、大久保博元コーチが主導する猛練習で若手が地力をつけた。のちに同コーチの暴力などが問題になり、解任につながった。だが、若手を飛躍させた練習の成果は大きかった。

ドラフトで菊池、大石を引き当てたが…

練習は選手の力を引き出すが、それと新たな補強をすることは別問題。力を最大限に発揮したから勝てたのであって、そこから下り坂に向かう選手もいる。選手の慢心を防ぐために、競争相手をぶつける必要もある。

阪神の転落は「優勝メンバーを切れない」という誤った仲間意識と、優勝で選手の年俸が上がるから大幅な補強はできないというフロントのコスト意識が災いしたといえる。西武も同じような道を歩み、現場監督は地獄の苦しみを味わう。

渡辺は09年ドラフトで最大人気の菊池雄星、同10年に大石達也を、他球団と競合したクジで引き当てた。強運をうらやましがられたが、監督ならだれでも本音は人気者より地味であっても即戦力が欲しい。菊池は戦力になるまで手間取ったし、大石は故障で出遅れた。

また、09年秋には横浜を戦力外になった工藤公康を獲得した。渡辺より2歳年長の元同僚。強いプロ意識と投球術は若手の手本になる。だが、戦力としての期待よりも、営業面での話題作りの色彩が濃い獲得だった。

正捕手・細川も流出

10年暮れにはフリーエージェント(FA)の権利を行使した正捕手・細川亨が、ソフトバンクへ移籍した。和田の中日移籍でもそうだったが、球団の財政事情を思いやる渡辺は残留要請をついためらった。

ドラフト以外の補強は、開幕後に故障選手の穴を取り繕う小さなトレードばかりだ。

明るいチームに、少し陰りが出てきた。球団の"やる気"に疑念を抱いてか、選手は大リーグ志向やFA移籍への希望をのぞかせる。渡辺監督も審判にきつく抗議したり、死球騒動でもみ合ったりと荒れ気味だ。

"おかわり君"こと中村が本塁打を量産し、大石も戦列に加わって、早く明るさを取り戻さないかと思う。

 わたなべ・ひさのぶ 1965年群馬県出身。前橋工から84年ドラフト1位で西武入り。主力投手で活躍し、86、88、90年最多勝。98年ヤクルトへ移籍。15年通算125勝110敗27セーブ、防御率3.67。台湾球界、西武2軍の指導者を経て08年西武監督に就任。優勝(日本一)、4位、2位のあと、今季は最下位に低迷している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン