流木でチェーンソーアート

2011/8/17 20:30
共有
印刷
その他

津波の被害を受けた仙台市宮城野区の岡田地区を木彫りの動物たちが見守る。周辺の田畑や住宅地をふさいでいた流木が生まれ変わった姿だ。

「ここの守り神みたい」。集会所前に置かれたフクロウは仮設住宅のシンボルになっている(3日)

「ここの守り神みたい」。集会所前に置かれたフクロウは仮設住宅のシンボルになっている(3日)

周辺の田畑だったところには、流木が今も横たわったままだ(1日)。仮設住宅の入り口では、クマの彫り物が住民を見守っている

周辺の田畑だったところには、流木が今も横たわったままだ(1日)。仮設住宅の入り口では、クマの彫り物が住民を見守っている

千葉県市原市でチェーンソーアート講座などの活動を行っているNPO法人「いちはら自然樂校」の栗田宏武代表。ボランティアで訪れた際に、住民から流木の撤去を頼まれた。がれきの処理にと持参したチェーンソーで簡単な作品を彫ったところ、思いのほか喜ばれた(13日)

千葉県市原市でチェーンソーアート講座などの活動を行っているNPO法人「いちはら自然樂校」の栗田宏武代表。ボランティアで訪れた際に、住民から流木の撤去を頼まれた。がれきの処理にと持参したチェーンソーで簡単な作品を彫ったところ、思いのほか喜ばれた(13日)

住民の要望に応え、チェーンソーアートの実演を行うことにした。8月13日に開かれた地域の夏祭りでは、関西圏からも仲間が集まり、総勢18人で自慢の技を披露した

住民の要望に応え、チェーンソーアートの実演を行うことにした。8月13日に開かれた地域の夏祭りでは、関西圏からも仲間が集まり、総勢18人で自慢の技を披露した

チェーンソーのごう音が鳴り響き、流木があっという間に姿を変えていく(13日)

チェーンソーのごう音が鳴り響き、流木があっという間に姿を変えていく(13日)

チェーンソーアートの技に、夏祭りに訪れた子供たちも興味津々(13日)

チェーンソーアートの技に、夏祭りに訪れた子供たちも興味津々(13日)

住宅地の復旧を阻んでいた流木だが、「かわいらしい作品になれば、置いておいても明るい気分になれるのでは」と栗田代表。できあがった作品は希望者に抽選でプレゼントされ、地域を彩る(13日)=写真 佐光恭明

住宅地の復旧を阻んでいた流木だが、「かわいらしい作品になれば、置いておいても明るい気分になれるのでは」と栗田代表。できあがった作品は希望者に抽選でプレゼントされ、地域を彩る(13日)=写真 佐光恭明

共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]