/

この記事は会員限定です

カルロス・ゴーン(24)ダボス会議

社会の懸案 車通じ答え 意見交換、世界の指導者と知己に

[有料会員限定]

私のような仕事をしていると、人とのつきあい、ネットワークが地球規模になったり、国際的な問題を討論する場に招かれたりする。

例えば、毎年1月に開かれるダボス会議だ。初めて参加したのは1998年だった。

2001年だったか。日産自動車の「リバイバルプラン」が成功した後、ダボス会議を主催する世界経済フォーラムのクラウス・シュワブ創設者兼会長から「評議員会のメンバーになってほしい」と誘いを受けた。

世界の叡智(えい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1086文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン