2018年10月23日(火)

漁師とダイバー、力を合わせ

2011/5/2 22:00
共有
印刷
その他

津波で甚大な被害を受けた綾里漁港。毎年秋には綾里川にサケが遡上していた(5月2日、岩手県大船渡市)

津波で甚大な被害を受けた綾里漁港。毎年秋には綾里川にサケが遡上していた(5月2日、岩手県大船渡市)

同港で活動する花巻市出身のダイビングインストラクターの佐藤寛志さん(37)がダイバー仲間に声をかけて、清掃のボランティアが行われている。GWを迎え、活動は本格化し、約15名が広島県や東京都などから集まった(2日、同市)

同港で活動する花巻市出身のダイビングインストラクターの佐藤寛志さん(37)がダイバー仲間に声をかけて、清掃のボランティアが行われている。GWを迎え、活動は本格化し、約15名が広島県や東京都などから集まった(2日、同市)

活動に参加した影山雅人さん(53)は元東京消防庁水難救助隊所属。「海が好きだから、手助けがしたい」と駆けつけた(2日、同市)

活動に参加した影山雅人さん(53)は元東京消防庁水難救助隊所属。「海が好きだから、手助けがしたい」と駆けつけた(2日、同市)

海底でロープを結ぶのは難しい。ダイバーに結び方を教える地元漁師の亘理孝一さん(57)。「サケが戻ってこられるきれいな海と川を取り戻したい」とダイバーたちとともに奮闘する(2日、同市)

海底でロープを結ぶのは難しい。ダイバーに結び方を教える地元漁師の亘理孝一さん(57)。「サケが戻ってこられるきれいな海と川を取り戻したい」とダイバーたちとともに奮闘する(2日、同市)

海底に沈むのはがれきだけでなく、ワカメ加工用の釜など。引き上げればまた使える。ダイバーたちは視界が悪い中、発見物にロープを結びつけていく(2日、同市)

海底に沈むのはがれきだけでなく、ワカメ加工用の釜など。引き上げればまた使える。ダイバーたちは視界が悪い中、発見物にロープを結びつけていく(2日、同市)

復興などと簡単にはいえない中で、漁師とダイバーの活動は一歩ずつ進む。引き上げたロープにはワカメを煮るカゴがつながっていた。「また使える」と漁師から声が上がった(2日、同市)=写真 小川望

復興などと簡単にはいえない中で、漁師とダイバーの活動は一歩ずつ進む。引き上げたロープにはワカメを煮るカゴがつながっていた。「また使える」と漁師から声が上がった(2日、同市)=写真 小川望

共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報