似鳥昭雄(24)本州進出 4期生に背中押され バブル期はコスト高、撤退

2018/7/5 10:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1980年代後半、北海道全域にニトリの店舗は広がり、道内での知名度は定着した。「いよいよ本州進出」と行きたいところだが、どうも足がすくんでしまう。

ある日、社員の前で「北海道のためにがんばりましょう」とあいさつすると現在のニトリ社長の白井俊之ら79年入社組の4期生らが反発する。「日本に米国並みの豊かな生活をもたらすのがニトリの目的だったのではないですか。このまま北海道にとどまっているつもりですか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]