2018年12月13日(木)

日本サッカー世界への挑戦

フォローする

なでしこ、世界が称賛したポゼッションサッカーの秘密
サッカージャーナリスト 大住良之

(1/6ページ)
2011/7/21 7:00
共有
印刷
その他

佐々木則夫監督率いる女子日本代表(なでしこジャパン)が、ドイツで開かれていたFIFA女子ワールドカップ(17日まで)で見事に優勝を飾った。決勝戦ではFIFAランキング1位のアメリカに果敢に挑み、2回にわたって先行されながら粘って追いつき、2-2の引き分けからPK戦3-1で優勝を勝ち取った。

優勝を飾っただけではない。「日本のポゼッションサッカーが世界の女子サッカーを変えた」(欧州サッカー連盟のミシェル・プラティニ会長)と各方面から高い評価を得て、一躍、パワーやスピードに頼るのではない、そのスタイルが話題になっている。

なでしこジャパンが披露した「ポゼッションサッカー」とはどんなものなのか。データに基づくゲーム分析の第一人者である庄司悟さんの協力を得て、その秘密を考えてみた。

■グループリーグでは苦戦も経験

今大会、なでしこジャパンは順調に6試合を戦い抜いたわけではない。とくにグループリーグでは試合ごとに大きなアップダウンがあった。

初戦のニュージーランド戦は、最終的にはMF宮間あや(岡山湯郷)のFKで2-1の勝利を得たが、非常に苦しい試合だった。続くメキシコ戦は、一転して4-0の快勝。MF沢穂希(INAC)がハットトリックを達成するなど、圧倒的な攻撃力を見せて得点を重ねた。

しかしグループリーグ最終戦のイングランド戦は、疲労のためかサポートが遅れ、相手の強固な守備ブロックを突き破ることができずに0-2で完敗した。

だが、決勝トーナメントに入ると試合運びは安定し、準々決勝は3連覇を狙った開催国のドイツに延長の末1-0で勝ち、準決勝はスウェーデンに先制されたが、3-1で逆転勝ちした。

そして決勝戦は素晴らしいプレーを見せたアメリカにくじけずに食らいつき、最後の最後にPK戦で競り勝った。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

日本サッカー世界への挑戦 一覧

フォローする
川崎の優勝は「再開後」の好成績によるところが大きい=共同共同

 2018年のJリーグも12月1日の最終節(第34節)を残すだけとなった。大混戦だった「残留争い」はとうとう最終節まで持ち越してしまったが、川崎の連覇はすでに決まった。 …続き (11/30)

2019年はA代表、五輪代表ともに一段と重圧がかかる。森保監督(右)の支援体制が必要だ=共同共同

 サッカー日本代表(A代表)が2018年最後の2試合に臨む。11月16日のベネズエラ戦(大分市)と20日のキルギス戦(愛知県豊田市)。12月には試合がなく、次の活動は19年1月5日に開幕するアジアカッ …続き (11/16)

セルジーニョ(手前)の活躍が鹿島の決勝進出の大きなカギになった=共同共同

 2017年の浦和に続き、Jリーグのクラブが「アジア王者」の座に挑む。11月3日と10日に行われるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝に、鹿島が進出したのだ。
 鹿島は準決勝で韓国の水原と対戦、ホ …続き (11/2)

ハイライト・スポーツ

[PR]