フィギュアの世界

フォローする

真央ちゃん来て…被災者の声に応え、慈善アイスショー

(3/3ページ)
2011/7/22 7:00
共有
印刷
その他

震災による福島原発の放射能漏れの影響で、来日したがらないアスリートはまだいる。だが、今回の「THE ICE」の出演者は全員が快諾、直前のキャンセルもない。「まさか東北でできると思っていなかったから、うれしい。スケートを応援して下さる方々の力を感じる」と小塚はいう。

■少し不安も…

かつてない試みに、関係者も少し不安はあるようだ。フィギュアの試合、ショーは客席数が少なく、だいたい熱狂的なファンで客席が埋まってしまう。しかし、今回は「フィギュアを見たことがない人もかなりいると思う」と小塚。

テレビでは分かりにくいが、リンクに1人で立って満員の観衆を引きつけ、会場の雰囲気までつかむのは容易ではない。演劇やバレエのように一貫した主題やストーリーがなく、演技する一人ひとりがそれぞれのテーマに沿って滑るため、中だるみしがちだ。

フィギュアファンにとっては垂ぜんのキャストも、一般にはなじみのない外国人選手も多く、盛り上がりを一番気にかけているようだ。

■「自分が楽しんで滑れば伝わるはず」

「自分が本当に楽しんで滑れば、(それが伝わって)お客さんも楽しんでもらえると思う。パワーや元気を送れるよう、ジャンプなどのエレメンツも大切ですけど、自分が楽しみたい」と浅田は話す。「みんなと一体となって楽しめるショーにしたい」と小塚もいう。

今回のエキシビションナンバーは、フリーの振付師、ローリー・ニコルが来日して、「被災した方々のいろんな思いをテーマにしたプログラムを作ってくれた」と浅田。小塚とのデュエットナンバーは「ルパン3世のテーマ」。かわいすぎる峰不二子と、正直すぎるルパンによるアイスダンスになる予定だ。

ショーの前には、浅田、小塚ら出演者全員が"先生"となって、東北の子供フュギュアスケーターのためにスケート教室も開催されることになっている。

(原真子)

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

フィギュアの世界をMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

フィギュアの世界 一覧

フォローする
紀平はフリーで巻き返したが、SPの出遅れが響いた

 日本勢の金メダル2個、銀メダル1個と沸いたさいたま大会から5年。再びさいたまスーパーアリーナで行われたフィギュアスケートの世界選手権は、銀メダル1個にとどまった。だが、日本勢にとっては実り多く、これ …続き (2019/3/30)

紀平はGPファイナルで、13年ぶりに日本選手として初出場初優勝を果たした=共同共同

 フィギュアスケートの世界では、五輪の翌シーズンに新しいスター選手や、大きなルール改正に伴ってこれまでにない戦い方をする選手が出てくることがある。今季はそれが顕著で、わかりやすい。紀平梨花(関大KFS …続き (2019/1/14)

ジャンプにミスが出たが、高橋は高い演技構成点を獲得した=共同共同

 24日まで行われたフィギュアスケートの全日本選手権で男子2位に入った高橋大輔(関大KFSC)。2019年3月20~23日にさいたま市で開催される世界選手権の代表入りは辞退したものの、自分らしく4年ぶ …続き (2018/12/30)

ハイライト・スポーツ

[PR]