スポーツ > コラム > 記事

スペシャル

フォローする

なでしこ、耐えて粘って頂点 沢・宮間が起死回生弾

(1/2ページ)
2011/7/18 12:11 (2011/7/18 19:31更新)
共有
印刷
その他

なでしこは「華麗」なだけではなく、「たくましさ」も持っていた。17日行われたサッカー女子ワールドカップ(W杯)決勝。劣勢を耐えしのぎ、粘りに粘った末に日本女子が世界一の座をつかみ取った。過去24試合の対戦で一度も勝てなかった世界ランキング1位の米国を相手に、2度も追いつきPK戦で下す大金星だ。

延長戦を含めた120分間のほとんどで、日本は耐える側だった。持ち味の技術で米国のパワーをかわすはずが、逆に相手の強烈なプレスを受けてなかなか前へ進めない。

キックオフ直後にいきなり守備ラインの裏を突かれてゴールに迫られると、ここから米国の猛攻にさらされた。

何とかゴールを守って反攻の機会をうかがっても、中盤で大柄な選手に囲まれてパスコースが見つからず、苦し紛れの縦へのロングボールを奪われては攻め込まれた。

この"暴風雨"のような時間帯をなんとか切り抜けられたのはツキもあった。18分に至近距離から打たれたシュートはポストを直撃。29分には相手のエースFWワンバックの強烈な左足シュートがバーをたたき、49分にもサイド突破からクロスにゴール前で合わされたがポストに救われた。

後半に入ると、69分にロングパス1本でDF陣の裏を取られ、モーガンの強烈なシュートでついに均衡を破られた。しかし、今大会の日本は追い込まれてからが強い。81分、右サイドから永里がクロスを入れると、相手DF2人が慌ててクリアミス。そこに詰めた宮間が奪って追いついた。

  • 1
  • 2
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする

 自転車ロードレースで世界的に活躍したランス・アームストロング(米国、41)が、悪質なドーピング違反を理由に自転車界から永久追放されることが確定した。世界最高峰の自転車レース、ツール・ド・フランス最多 …続き (2012/11/10)

迷うことなく体を張る。最後の戦いを迎えるころには自然にそれが身に付いている

 全国高校ラグビーフットボール大会の神奈川県予選。11日に行われる準決勝第一試合は、桐蔭学園と県立横須賀高校の対戦だ。人材、環境面で不利な公立高校が、全国大会で優勝経験のある私立高校に挑む。公立の生徒 …続き (2012/11/9)

 2012年ドラフトの各球団の指名選手は以下の通り。
…続き (2012/10/25)

ハイライト・スポーツ

[PR]