/

この記事は会員限定です

崩れる垣根 大手走る

[有料会員限定]

「固定電話とは違う。(回線の相互乗り入れは)義務ではない」。NTTグループのトップ鵜浦博夫(69)は、携帯電話事業への参入を狙う楽天が申し込むとみられる一部地域での回線共用について問われ、是々非々の姿勢を示した。

携帯事業を営むNTTドコモは2017年12月末時点で7500万件を超える契約を持つ。格安スマートフォン(スマホ)事業で140万契約しかない楽天は、NTTにとって回線の貸出先である「お客さん」だ。だが、楽天が携...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り762文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

携帯攻防第三幕

国民の2人に1人がスマホを持ついま、携帯電話サービスは暮らしに欠かせないインフラになった。攻防戦第3幕の主役に躍り出た楽天はどう動くのか。大手3社など競合企業は、いかに迎え撃とうとしているのか。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン