悠々球論(権藤博)

フォローする

7番・小笠原…巨人の「小さな野球」が低迷の一因

(1/4ページ)
2011/7/10 7:00
共有
印刷
その他

「ポストが人を育てる」と世間ではいう。荷が重すぎると思われる仕事でも、チャレンジしていくうちに人はそれなりの技量を備えていくものだ、というわけだ。しかし、逆にもし人が器より小さなポストについたら……。

そんなことを考えされられるのが、巨人・小笠原道大の7番起用だ。

■打者の「格」を示すのが打順

打率2割台前半に低迷している小笠原を原辰徳監督は従来の3番から外した。確かに数字だけをみれば、今の小笠原は下位で当然、ベンチの控えに甘んじていても仕方がない。死球によって一時戦列を離脱したことを考慮しても、寂しすぎる成績だ。

だからといってこれほどの打者を7番で起用していいことにはならない、というのが私の考えだ。

ほかの業界でも同じだろうが、野球選手の戦いも技量そのものと同じくらい、選手の「格」とか「顔」がモノをいう世界である。その「格」をズバリ示すのが打順だ。

■7番・小笠原なら相手投手は…

いわゆる3、4、5番のクリーン・アップを打つということは単に強打者であるということでなく、選手が1年また1年と成績を積み上げた末に獲得した「格」の証しだ。

他の打順にはない重責を担う一方、投手からみると最大限の敬意を持って投げるべき相手で、それでも打たれたときに「あの打者なら仕方がない」と思えるような打順。それだけ特別な存在なのだ。

その重責から解放し、楽に打ってくれ、というのは原監督の思いやりだろうが、7番に入った小笠原を打席に迎えて、相手投手はどう思うだろうか。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

悠々球論(権藤博) 一覧

フォローする
記者会見で現役引退を発表するイチロー。驚く一方、昨年あたりからそろそろ危ないかもという虫の知らせもあった

 イチローの成功の秘密はひと言、「人のやらないことをやったから」――。野球評論家で、オリックスの新人時代からその才能に注目していたという「イチロー・ウオッチャー」、権藤博さんに引退の報に接しての思いを …続き (3/24)

25年ぶりにリーグ優勝し、胴上げされる緒方監督=共同共同

 戦力がなければ育てるのみ――。広島の25年ぶりの優勝は緒方孝市監督(47)を含め歴代の監督ら、現場の地道な努力と、選手を引き抜かれてもめげずにやってきた球団の我慢が実った優勝だ。金ならある、といわん …続き (2016/9/11)

打倒巨人の気構えを [有料会員限定]

 セ・リーグの球団を中心に、キャンプ、オープン戦をみて回っているが、面白くないのは「打倒巨人」の意気込みが伝わってこないことだ。どこの監督も口にはしないが、また2、3位狙いの低レベルの争いになりそうな …続き (2014/3/18)

ハイライト・スポーツ

[PR]