/

イチロー、ルーティンの柔軟性と野球哲学

スポーツライター 丹羽政善

ホーム球場での試合の場合、午後7時10分プレーボールなら、クラブハウスのドアは午後3時40分に開き、メディアの入室が許される。

その時間になっても、通常はイチローの姿はそこになく、室内ケージで汗を流している時間だ。

イチローのルーティンを追う視線

ケージを出るとイチローは、クラブハウスとグラウンドをつなぐ通路脇の鏡の前で、スイングの最終チェック。額にうっすらと汗をかき、バット1本を手にクラブハウスに戻ってくるのは、午後4時頃である。

それまではカプリ丈のトレーニングパンツにTシャツ姿。ロッカーで練習用のユニホームに着替えると、あとは午後4時15分から始まる全体練習まで、グローブやスパイクの手入れ、ストレッチなどをして時間を過ごす。

先日、メディア以外にもそんなイチローの動きを追っている視線があった。

6月中旬に昇格してきたダスティン・アクリーという新人選手の目が、数メートル先にいるイチローにじっと向けられていた。

ルーキーには刺激的

声をかければ、2009年のドラフトで全体の2位指名を受けたアクリーはいう。

「(イチローの)ルーティンを見ているんだ」

イチローの試合前のルーティンは、選手によっては、時計代わりになると口にするほど時間に正確だが、初めてそれを目の当たりにするルーキーには、なにかと刺激的だったようだ。

「試合前のどの段階で汗をかくのがいいのか。その方法や程度にもいろいろあるけれど、何となく参考になったような気がする。目の前に"教科書"があるのだから、これからもいろんなことを学びたい」

ただ、そのイチローのルーティンであるが、例年とは少し違う部分もある。これまではデーゲームの試合前、外でストレッチ、キャッチボールを行っていたが、5月のある時点からそれをしなくなった。

柔軟に変更

ちょうどヒットの出なくなった時期と重なるような気もするが、体の声を聞きながら、それが何年も続くルーティンであっても柔軟に変えていくのは、イチローらしい。

以前は、ナイトゲームの試合前にも、全体練習の前にグラウンドで体を動かしていたが、ある年のシーズン終盤に入って、ピタリと止めた。

また、別の年には、試合後にサウナで汗をかき、それをマッサージ代わりにしたこともあるが、数カ月でその習慣も止めている。

軸となる部分は変わらないが、枝葉となる部分に関しては、体の欲するままにアレンジしているということか。

そんな話をしていると、アクリーがいった。

「僕はまだ試行錯誤している。一応、ルーティンはあるけれど、必要なら変えていきたい」

「今のままでいいんだよ」

そのときである。隣のロッカーでやり取りを聞いていたベテランのジャック・カストが苦笑しながら言った。

「何を変える必要がある? デビューしていきなり本塁打も三塁打も打って。今のままでいいんだよ」

さて、そんなルーティンによって支えられてきたのが、継続性のある記録だと思うが、イチローにとって今年は11年目で初めて、ということが少なくない。

出場79試合目でようやく今季初本塁打が生まれたこともそうだが、5月の打率が3割を割ったのが初めてなら、シーズンの折り返しを終えて、年間100安打を下回ったのも初めてだった(92安打で折り返し)。

08年も危なかったが…

過去を振り返れば、1度だけ危なかったことがある。

08年は80試合を終えて、95安打。さすがに届かないだろうと思われたが、イチローはちょうど折り返しになる81試合目に5安打を放って、きっちり大台に乗せた。

4本目を放ったところで、「あと1本で『100』というところには、強い思いがあった」そうで、折り返しでの100本は、やはり、それなりの意識があったよう。

イチローの81試合目終了時点での成績
2001年125安打
02年116安打
03年115安打
04年113安打
05年103安打
06年121安打
07年124安打
08年100安打
09年117安打
10年109安打
11年92安打

※08年は81試合目に5安打で100安打

しかし今年は、91安打で81試合目を迎え、その試合で1安打したものの、もし3桁安打に到達するには、延長30回ぐらいまで試合がもつれる必要があった。

安打数とチーム成績の連動性

7月2日の試合を終えた時点で、83試合を終えて92安打。残り全試合に出場するとして、年間安打は約180本ペースだ。200安打に乗せるなら、後半でペースを上げる必要がある。

上げられるか?

ファン心理とすれば、不安が先にくるかもしれないが、別の見方をすれば、これをどうイチローが乗り越えるかという、楽しみもあるだろう。

イチローの安打ペースが上がれば、チームの勝利に結びつく可能性も高いだけに、チームが終盤までプレーオフ争いをしているなら、イチローの安打数もまた、安全圏に達しているのかもしれない。

2つの連動性。それこそ、これからの見どころである。

話は変わるが、28日に行われたブレーブス戦で、イチローの考え方とメジャーの、おそらく一般的な考え方に食い違いが見られた。

2点ビハインドの七回1死一、二塁という場面で、二塁ベース上にイチロー、一塁にアダム・ケネディがいた。

打席のジャスティン・スモークのカウントが3-0(3ボール、ノーストライク)となったところで、イチローがスタートを切る。単独スチールだ。

リスクを冒さなくても…

ケネディも続いてスタートを切ったが、相手捕手のブライアン・マッキャンは、セカンドに投げて、ケネディを刺している。

試合後、多くの米メディアがこのプレーに対してどう反応したかといえば、カウント3-0からスタートを切ったイチローの判断を疑った。

イチローは、「二、三塁になれば、ヒット1本で2点が入る」と話したそうだが、米記者らは「カウント3-0なら、四球になる可能性が高い。リスクを冒すまでもなく、チャンスは広がったのでは」という見方だったのだ。

どちらが正しいかーー。

結果論でもあり、やり直しがきかない以上、判断は難しいが、ダブルスチールが成功していれば、セオリーの裏をかき、虚をついたという見方が成立しよう。

哲学の違い

スモールが実際に歩いたことで、「ほら、みてみろ」ということにもなるが、それは、一塁が空いたことで、投手が勝負を避けたまで。

不利なカウントで成長著しいスモークと勝負したい投手はいない。次は、左のアクリー。セオリー通りだ。

では、動かずに一、二塁のままだったらどうなったか。これが分からない。米メディアが予想したようにスモークが四球を選んだかもしれないし、そうではなかったかもしれない。

浮かび上がったのは、野球に対するフィロソフィー(哲学)の違いだが、では、どちらのフィロソフィーが正しいかということになれば、その基準はチームの監督が目指す野球次第といえよう。

監督がセオリー重視派なら、盗塁を認めないというか、そもそも「動くな」のサインを出したはず。逆に、状況にフレキシブルな監督なら、選手の自主性に任せるだろう。

監督は「問題なかった」

マリナーズのエリック・ウェッジ監督はどちらか。あのプレーに関して、彼は「イチローの走塁に問題はなかった」と話した。

米メディアの中には、それを勘ぐるところもあったが、考えていることがすぐに顔に出るタイプの彼の表情からは、特別、裏を読み取ることもできなかった。動かなかったということは、やはりなにか、暗黙の了解があったということか。

いずれにしても、2アウトからのセーフティーバントや走塁などでも、イチローと米メディアの考え方は、ときに対立する。イチローがダイビングキャッチをしないことに関してもそうだ。

なかなか埋まらない溝

つきつめれば切りがないが、そこにはなかなか埋まらない溝もあるといえる。

ところで、アクリーがいなくなってから、カストとしばらく雑談になった。

アクリーの履いていたカウボーイブーツに目をやりながら「ファッションはイチローと随分違うね」と話せば、「いや、近いうちに変わるぜ」とニヤリ。

そして、隣のスモークの靴を指さしながら、「ほら、コイツだってカウボーイブーツだったけれど、ブランドものの靴になった」と笑った。

そのカスト自身も、キャンプのころ、イチローのようにジーンズの裾をロールップしたことがある。だが、みんなから「違う」とからかわれていたのだが……。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン