2018年11月15日(木)

盛り上がる「eスポーツ」ビジネス
岸本好正・日経プラス10キャスターに聞く

日経プラス10「フカヨミ」
2018/6/4 10:00
保存
共有
印刷
その他


ニュースを詳しく解説する「フカヨミ」コーナー。スポーツとして、ビジネスとして拡大し始めた「eスポーツ」について、BSジャパン「日経プラス10」の岸本好正キャスターが解説しました。

小谷キャスター

小谷キャスター

岸本キャスター(5月30日出演)

岸本キャスター(5月30日出演)

▼ニュースの骨子
 ビデオゲームをスポーツとして競うエレクトロニックスポーツ(eスポーツ)。世界の競技人口は1億人を超え、オランダの調査会社の推計では市場規模は1000億円程度。アメリカや中国に比べて出遅れていた日本でも、盛り上がり始めている。

岸本氏の解説要旨は以下の通りです。

■4年後のアジア大会で正式種目に

「eスポーツは今年8月のインドネシアで開かれる、オリンピックのアジア版『アジア大会』で公開競技となった。先日、日本代表を決める選考会が開かれ、熱戦が繰り広げられた。4年後に中国で開かれるアジア次回大会では、正式種目となる。サッカーではリアルな競技とeスポーツが融合し始めていて、『Jリーグ』はサッカーゲームを使った公認の大会『eJリーグ』を開催した。リアルのJリーグと同様、明治安田生命保険がスポンサーに付き、ビジネスとして成立している」

■関連銘柄に投資家注目

「誰でも気軽に楽しめる専用施設も整備されつつある。今年4月にはゲーム用パソコンの製造開発を手がけるサードウェーブが、東京・池袋に『ルフス池袋』をオープンした。参加人口の拡大につながりそうだ。eスポーツは株式市場でも注目され始めている。特にeスポーツ界の人気の格闘ゲーム「ストリートファイター」を開発するカプコンの株価は去年の年末から4割ほど上がっている状況だ(5月30日現在)。eスポーツが『いい(e)ビジネス』となれば、様々な方向で発展していくのだろう」

日経プラス10のホームページ

番組は日経電子版、テレビ東京ビジネスオンデマンドで配信しています

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報