2018年7月18日(水)

インタビュー

フォローする

安藤美姫「もう心の揺れは関係ない。だから優勝できた」

(1/4ページ)
2011/6/30 7:00
共有
印刷
その他

 4月のフィギュアスケート世界選手権(モスクワ)で、2度目の優勝を遂げた安藤美姫(トヨタ自動車)。「優勝よりも、シーズンを通して大きなミスなく演技できたことが、すごく良かった」と4年ぶりの世界女王の感想を語っていました。その後、欧米でショーに出演したり、新しいエキシビションナンバーを作ったり、忙しい日々を過ごしていましたが、6月中旬に帰国。改めて世界選手権を振り返るとともに、新しいショーナンバーなどについて話してくれました。

■欧米スケート界の懐の深さ感じる

 世界選手権を終えて、すぐにロシアのサンクトペテルブルク、続いてカナダでアイスショーに出演しました。欧米のショーはテーマに沿って行うことが多く、サンクトペテルブルクでは、東日本大震災の被災者へささげるショーでした。

 サンクトペテルブルクで育った2006年トリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)選手らも出演したのに、当たり前のように、日本人の私を“大トリ”にしてくださいました。そういうとき、欧米スケート界の懐の深さを改めて感じました。

「試合後にいろんなメッセージをいただき、それが優勝よりもうれしかった」と話す安藤美姫

「試合後にいろんなメッセージをいただき、それが優勝よりもうれしかった」と話す安藤美姫

■自分の演技で力を感じてくれれば

 震災のとき、私は福岡にいて、揺れは感じませんでした。一緒に練習していたスペイン、イタリア、ロシアの選手たちに、各国連盟や親から電話がかかってきて、地震が起きたことを知りました。

 テレビのニュースなどを見て驚くとともに、大きな衝撃を受けました。リンクで氷に乗っていても何となく落ち着きません。そんなとき、インターネットを通じて寄せられたファンのみなさんの声に本当に救われました。

 モスクワの世界選手権では、自分の演技から(被災した皆さんが)力を感じてくれたらいいな、って思って滑りました。試合後もいろんなメッセージをいただき、それが優勝よりもうれしかったです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
共有
印刷
その他

インタビュー 一覧

フォローする
「スケートは平日、毎日練習している」と浅田さん

 今年4月に現役引退した浅田真央さん(27)がこのほど、東京都千代田区にある日経ホールで行われた睡眠に関するパネルディスカッションに出席した後、日本経済新聞社の取材に応じた。一問一答は以下の通り。 …続き (2017/10/25)

高橋さんは引退後、解説者として初めて現場に戻ってきた

 フィギュアスケートの世界選手権が30日、米ボストンで開幕した。2014年秋に現役を引退後、解説者として初めて現場に戻ってきた、10年世界王者でバンクーバー五輪銅メダルの高橋大輔さん(30)に今大会の …続き (2016/3/31)

CM発表会で、祇園の芸妓の真生さん(右)と京舞の形を披露する浅田

 5月18日、現役続行を表明したフィギュアスケートの浅田真央(24)。1年に及ぶ休養期間には、今までできなかった様々なことを経験した。中でも、自ら志願したのが、京都・祇園での舞妓(まいこ)体験だ。祇園 …続き (2015/6/1)

ハイライト・スポーツ

サッカーワールドカップ2018

[PR]