2019年5月23日(木)

ピッチの風

フォローする

「熱いスタジアム」が生み出す至福のサッカー
編集委員 武智幸徳

(1/5ページ)
2011/6/19 7:00
保存
共有
印刷
その他

今季のJリーグは名古屋や鹿島、G大阪、浦和といった上位陣の常連を尻目に、格下と思われた柏、仙台の奮闘が目立つ。J2から昇格してきたばかりの柏は10試合を消化した時点で堂々の首位を走り、東日本大震災で被災した仙台も2位につけている。

■選手とファンが一つになって喜び合う

この先、試練はたっぷりと用意されているのだろうが、両チームに思わず肩入れしたくなるのは「熱いスタジアム」という共通点を持っているからである。

6月15日、ホームのユアテック・スタジアム(以下ユアスタ)で仙台がG大阪に2-1で競り勝つ試合を見た。震災の影響でナイトゲームができず、平日(水曜日)の午後2時キックオフという集客には不利な条件。それでもスタジアムには1万4519人の観衆が詰めかけ、スタンドのほぼ8割方を埋めた。

黄色いユニホームに身を包んだ仙台サポーターの熱狂は86分の赤嶺真吾の勝ち越しゴールで最高潮に達した。選手とファンが一つになって喜び合う姿に間近で接することは、スポーツ観戦の楽しみの一つである。部外者であるこちらまで心洗われる思いがした。

■程の良い距離から俯瞰できる

日本では数少ない「球技専用スタジアム」であるユアスタでは、特に眼福は倍加する。陸上競技のトラックがないため、ピッチとスタンドを隔てる距離が短い。それだけプレーをより手元で味わえる。仙台の攻守の切り替えの速さ、縦への推進力がびしびしと体に伝わってくる。

日本代表の関口訓充のドリブルの切れ味、自陣から敵陣までサイドをフルカバーする運動量に驚く。松下年宏の前線から下りてくる動きをおとりに、DFラインの背後を突く赤嶺、そこに出る縦パス、そういうグループとしての動きも、程の良い高さ、程の良い距離から、ここでは俯瞰(ふかん)できる。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ピッチの風 一覧

フォローする
「ブラジル伝統の色を取り戻す」ため、母国で選手育成事業に乗り出すエジミウソン氏

 「サッカー王国」のブラジルが最後に優勝したワールドカップ(W杯)といえば、日本と韓国が共催した2002年大会まで遡る。その時の優勝メンバーだったエジミウソン氏(42)が日本のスカイライトコンサルティ …続き (4/11)

2列目のポジションに香川が戻ってくるのも楽しみ=共同共同

 サッカーの日本代表は3月の国際親善試合、キリンチャレンジカップでコロンビア(22日・日産スタジアム)、ボリビア(26日・ノエビアスタジアム神戸)と対戦する。そのメンバー発表が14日に行われた。1月の …続き (3/15)

電動車椅子サッカーの選手たちが会場で実演してくれた

 認識を新たにし、心を揺さぶられた。重度の障害を抱えながら、電動車椅子サッカーに人生を懸ける選手たちの群像を描いたドキュメンタリー映画「蹴る」(中村和彦監督)を見た後の率直な感想である。
 中村監督がこ …続き (3/1)

ハイライト・スポーツ

[PR]