インサイド/アウトサイド

フォローする

最下位・横浜に見え始めた「全力疾走」という変化

(1/3ページ)
2011/6/14 7:00
共有
印刷
その他

「全力疾走できますか?」。5月下旬、横浜ベイスターズのキャプテンで主砲の村田が、途中入団してきた7歳年上の中村に向けて投げかけた言葉だ。冗談交じりではあるが、本気だ。「できるよ、おまえが先に(足の腱を)切るなよ」。楽天を解雇されて"浪人中"だった中村は笑顔でこう応じた。

■昨季まで相いれない言葉だったが…

「横浜」と「全力疾走」。昨季まで3年連続して90敗以上を喫し、断トツでセ・リーグの最下位に沈んだチームにとっては全く相いれないような言葉だった。

だが、「まずやれることをしなければ強くなれない」。そう切り出したのは村田だ。春先に選手会長の新沼、ベテランの金城、日本ハムからフリーエージェント(FA)移籍してきた森本と協議、これをチームの方針に決めた。

村田は昨季まで「全力疾走しない選手」の代表格だった。2007、08年のセ・リーグ本塁打王。実績は抜群だが、チームを鼓舞して引っ張っていくタイプではなかった。「リーダーの素質はあったけれど、どこかで楽をしていた」と球団幹部は言う。30歳になって臨む今季、鮮やかに気持ちを入れ替えた。

■「首脳陣に言われるのではなく」

「昨オフ、これまでの野球人生について考えた。自分が先頭に立って、プロ野球はこういうものだということを見せないといけないと思った」。球団の売却騒動が起こり、村田と並ぶ「チームの顔」だった内川はソフトバンクにFA移籍した。FA宣言せずに残留を選んだ村田は、横浜を一身に背負う存在になった。

「首脳陣に言われるのではなく、選手自身が考えてやることが大事。勝ちたいと思う気持ちがあれば、それを前面に出さないと」。プロなら当たり前のことのようだが、「昨季はできていなかった」という。そして、これが最大の要因となり、チームが崩壊していった。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

インサイド/アウトサイド 一覧

フォローする
CSファイナルステージの開幕前日練習で調整する巨人・菅野。復帰登板は実現しなかった=共同共同

 腰痛で戦線離脱していた巨人のエース菅野智之(30)が日本シリーズの大舞台で復帰する予定だ。今季はコンディションに不安を抱えたままマウンドに上がるケースが多く、球威、制球力ともに精彩を欠いた「らしくな …続き (2019/10/22)

19歳の戸郷は9月27日の本拠地最終戦でプロ初勝利を挙げた=共同共同

 7年ぶりの日本一を目指すセ・リーグ覇者の巨人は10月9日からクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージに臨む。ベテランの阿部慎之助(40)が今季限りでの現役引退を表明。長年チームを支えてきた功 …続き (2019/10/8)

18日のオリックス戦で好投したニール。自身の連勝を10に伸ばした=共同共同

 超強力打線の援護があるから少々の失点には目をつぶろう。ファンも半ばあきらめの目で見ていた西武の先発陣。それが9月に入ってから安定した投球を見せるようになってきた。ソフトバンクとの激しい優勝争いが大詰 …続き (2019/9/24)

ハイライト・スポーツ

[PR]