/

フィギュア・体操…17歳は女子選手にとり「魔の年齢」か

17歳。女性にとって大人でも子供でもなく、どこか不安定な響きがある。スポーツ界の指導者には「魔の年齢」と口にする人もいる。反抗期を終え、思春期の最終局面。少女から大人の体形に変わり、ささいなことに過敏に反応する。この時期の過ごし方次第では、競技によっては選手人生を左右することにもなるかもしれない。

安藤美姫も悩む

「どう対処していいか分からず、つらかった」。フィギュアスケートの安藤美姫(トヨタ自動車)は17~18歳当時を振り返る。

ちょうど2005~06年のトリノ五輪シーズンで、メディアの注目を一身に浴びた時期。体重は増え、気持ちのアップダウンは激しく、ジャンプは崩れた。

2連覇中だった全日本選手権は6位に沈み、トリノ五輪も15位。「注目されたストレスもあったと思うけれど、体の変化の時期だったと思う。どんなダイエットをしてもやせなかった」という。

気づくと体形が丸みを帯びている

"超"重量オーバー? 昨季のフィギュア界でも、1年前とは別人のような姿に驚かされた選手が何人かいた。彼女たちは17歳、世界ジュニアで優勝したり、五輪で活躍した選手もいたが、多くの選手が精彩を欠いた。

個人差はあるけれど、「毎日見ているのに、気づくと体形が丸みを帯びている」とこぼした体操指導者もいるほど。このように体形が劇的に変わることが多いのが17~18歳の時期である。

体操も五輪や世界選手権でメダリストになるのは最近では15、16歳か19歳の選手が多い(17歳の選手もいるが、なってから3カ月程度までの選手がほとんど)。鶴見虹子(18、朝日生命体操ク)も17歳になった直後の09年体操世界選手権で個人総合3位になったものの、翌年の同選手権では21位とまったく振るわなかった。

彼女たちは皆、一般人に交じったらスリムだが、芸術性採点競技では重量オーバーに見えてしまう。体操、フィギュアのように空中感覚が求められる競技では、体形が変わると感覚も変わるので、修正しないといけなくなる。

脂肪は増えるが、筋肉は…

「小学校6年生くらいから、17、18歳は女子の体形変化の時期。男子も体形は変わるが、女子は貯蔵脂肪が男子より9~12%多くつく」と、国立スポーツ科学センタースポーツ医学研究部副主任研究員で内科医の土肥美智子さんは語る。

女子は胸、尻、太ももの分、多くつく。筋肉の質に男女差はないが、「太さの差が大きい」(土肥研究員)。

女子は男子より脂肪が増えるのに、筋力は男子ほど増えない。成長期の体重増は自然だが、フィギュアや体操など芸術性採点競技の選手にとって、ある程度の域を超えないようにコントロールする必要がある。

バランスよく食べる努力を

「体質も多少あるけれど、要は食べる量と運動量の問題。食べないことによるダイエットをしてきた子が太りやすい」とは、新体操日本代表強化本部長の山崎浩子さん。

今の新体操日本代表の選手たちは、肉からケーキまで普通に食べる。練習拠点のロシアで「やせ薬を飲んでいるのでは?」と言われたほど。「甘い物もドカ食いしなければ、脳にはいい。食べない努力でなく、バランスよく食べる努力をしなさいと言っている」(山崎さん)。

浅田真央(中京大)も何でもよく食べるが、練習量も多い。「少し体が重いかな」と思うと、自主的にお菓子を減らす。体形変化をうまく切り抜けた選手の1人だろう。

また、17歳は女子選手にとって精神的にも難しい年ごろ。「生理周期が安定し、ホルモンバランスも整ってくる時期。(体の面からいうと、だんだん落ち着いてくるはずなのに)メンタル的な相談は女性の方が多いのは、選手という特殊な環境の影響が大きい」と土肥研究員。

精神的に未熟なまま重圧と向き合う

男子は大抵、20代になって世界で戦うレベルに到達する。女子は早熟とされるが、それでも20代でピークを迎える競技の方が多いし、体重増は問題でも、体形変化が問題になる競技は少ない。

しかし、フィギュアなどの採点競技は10代でトップクラスになり、20代前半での引退もマレではない。精神的に未熟なまま、戦うプレッシャーに向き合わないといけない。

「自分の物事の見方が変わる年齢。男子は7年スパンで変化に対処できるけれど、女子は競技生活のピークが早く、2、3年で対処しないといけない」と、体操女子日本代表のセルゲイ・バツラーコーチ。一昨年来日するまで約20年、ウクライナ女子代表を指導した。「精神的な変化は男子にもある。女子は変化のある時期に、結果を出さないといけないから大変なんだ」

17歳ぐらいから現実が見え始める

成長期に競技を離れると、第一線に戻るのは難しい。体操やフィギュアは技が高度化しているので、より厳しい。16歳でバルセロナ五輪の金メダルを獲得した後、18歳でマリフアナ所持で逮捕されたりして2年以上も競技を離れながら、テニスの四大大会を3度制したジェニファー・カプリアティ(米国)のような復活劇はそうは起きない。

「15歳くらいまでは『五輪に行きたい』と無邪気に言える。17歳くらいから現実が見え始める」と、シンクロの元日本代表チームリーダーの金子正子さん。自分に足りないもの、ライバルの動向、五輪の意味……、いろんなものが見え、焦りも生じる。

しっかり対処すれば変化のリスクは最小に

「ただ楽しくてやっていたら、4回転ジャンプまで跳べていた。でも、トリノ五輪前に注目されると、ワケが分からなくなった」という安藤の言葉はリアルだ。

周りを気にせず、自分をコントロールできるようになったのは21歳のとき。23歳で迎えた4月の世界選手権では見事に2度目の女王に輝いた。

「これが大人になるということ」と金子さん。そこに至るまでの道は選手それぞれ。「観察と(指導で得た)経験が大事。しっかり対処すれば、変化のリスクは最小限に減らせる」とバツラーコーチ。

3人のコーチと母親らで周りを固めた金妍児(キム・ヨナ、韓国)は18歳6カ月で初の世界女王となり、バンクーバー五輪金メダルへと突き進んだ。

「親も一体化して支えないと」

ただ、スポーツは"肉食"の世界。"草食系男子"が増えたとはいえ、男女のスポーツ選手で違いはあるようだ。指導歴40年超の金子さんはこう指摘する。

「男はなりふり構わず、猛進できる。女はなりふり構って、つまずくと引きずる。だから無意識で手を抜くところもある。大人になり始める17歳前後はコーチはつきっきりで、親も一体化して支えないとダメ」

(原真子)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン