2019年1月24日(木)

フィギュアの世界

フォローする

世界フィギュアで銀…小塚を変えた「真央効果」

(1/5ページ)
2011/5/10 7:00
共有
印刷
その他

5月1日までモスクワで開かれたフィギュアスケートの世界選手権で、小塚崇彦(22、トヨタ自動車)が銀メダルに輝いた。今季は昨年12月の全日本選手権で優勝するなど大きく成長。父・嗣彦さんは1968年グルノーブル五輪代表、母、祖父もスケーターという「フィギュア一家」に育った逸材が開花した理由は……。

チャリティショーで観客に募金を呼びかける小塚(中央)、浅田真央(左)、鈴木明子ら

チャリティショーで観客に募金を呼びかける小塚(中央)、浅田真央(左)、鈴木明子ら

■チャリティーショーに出演

世界選手権を終え、帰国して間もない7日、小塚が音頭をとった東日本大震災のチャリティーショーが愛知県豊橋市で開催された。

3月11日に震災が起きた直後から温めていたというプラン。募金箱は自ら日曜大工で作成、客席の設営も手伝う熱の入れようだった。浅田真央(中京大)ら地元・愛知県のスケーターだけでなく、小塚の呼びかけに賛同した高橋大輔、織田信成(ともに関大大学院)も参加。ショーのトリで登場した小塚は、世界選手権メダリストとしてアンコールも含めて堂々の演技を披露した。

「ずっと何かできることはないか、と思っていた。初めてのチャリティーショーだったが、たくさんの人が賛同してくれて、会場一丸となってくれてうれしい」。主催者を代表して挨拶(あいさつ)した。

■看板選手に

前日には、7月に行われるアイスショー「THE ICE」の発表会見に出席した。所属事務所の主催で、これまで浅田真央と姉の舞がホスト役となっていたが、今年は浅田真央と小塚の2人。看板選手として成長した証しだ。

五輪終了後、翌シーズンにかけては若手が飛躍しやすい時期で、ジャッジも積極的にそれを後押しする。世界選手権の男子で過去にメダルを獲得した日本人選手、佐野稔(1977年に銅)、本田武史(2002、03年に銅)、高橋(07年に銀、10年に金)はそうしたチャンスを生かした。3人が初メダルを獲得した年齢はそれぞれ21歳、20歳、21歳。小塚もほぼ同じ道のりをたどったといえる。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

フィギュアの世界 一覧

フォローする
紀平はGPファイナルで、13年ぶりに日本選手として初出場初優勝を果たした=共同共同

 フィギュアスケートの世界では、五輪の翌シーズンに新しいスター選手や、大きなルール改正に伴ってこれまでにない戦い方をする選手が出てくることがある。今季はそれが顕著で、わかりやすい。紀平梨花(関大KFS …続き (1/14)

ジャンプにミスが出たが、高橋は高い演技構成点を獲得した=共同共同

 24日まで行われたフィギュアスケートの全日本選手権で男子2位に入った高橋大輔(関大KFSC)。2019年3月20~23日にさいたま市で開催される世界選手権の代表入りは辞退したものの、自分らしく4年ぶ …続き (2018/12/30)

フィンランド大会男子フリーで演技する羽生。新ルールでも変わらず強いだろう=共同共同

 フィギュアスケートもいよいよ本格的にシーズンが始まった。まだ、チャレンジャー(CH)シリーズとグランプリ(GP)シリーズ3大会が終わったばかりだが、ルールが大きく変わって「男子は慌ただしい」「女子は …続き (2018/11/8)

ハイライト・スポーツ

[PR]