2019年9月22日(日)
スポーツ > コラム > 記事

ユーロスタジアム

フォローする

シャルケの内田、欧州CLでかじった「禁断の果実」
サッカージャーナリスト 原田公樹

(3/4ページ)
2011/5/7 7:00
共有
印刷
その他

実際、第2戦ではマンUのMFナニ、FWベルバトフの攻撃を何度も止めたし、MFアンデルソンに走り勝った。この日唯一のシャルケのゴールはウッチーの右クロスが起点だった。

■他人のサッカーに興味がないだけ?

また90分間中、67本のパスをウッチーは出したが、これはシャルケの選手の中で、最も多い。シャルケで一番試合に貢献した選手というわけだ。

「サッカーが好きではない」というのは嘘だろう。他人のサッカーに興味がないだけではないか。

欧州1年目でここまでできるというのは、普段から相当に努力を重ねているからに違いない。好きでなければ、決してできない芸当だ。

■精神的な強さも身につける

この数カ月間の経験はウッチーの心の中にも変化をもたらした。マンU戦後、「1次リーグから試合に出させてもらった。ベンチとプレーするのとでは全然違う。もうちょっと頑張ってみようかな」と語った。南アでの悔しい日々から、いまピッチに立てる喜びをパワーにしようとしている。

こうした心境を口に出す精神的な強さも身につけたわけだ。「この半年間、結構、楽しかった。ちょっとサッカーを好きになってた時期もあった。普段はサッカーの試合をテレビで見ないほうですけど、こういう選手とやるんだな、と思うと見るようになったし……。ちょっと意識というか、アプローチの仕方が変わってきたかもしれないです」

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ユーロスタジアム 一覧

フォローする

 マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のMF香川真司が、一時の輝きをすっかり失ってしまった。いまやルーニーにトップ下のMFのポジションを奪われ、リーグ戦のレギュラーからも外されて、カップ戦要員に。そ …続き (2012/10/26)

 ザッケローニ監督が率いるサッカー日本代表が、“中間テスト”の時期を迎えた。いま欧州遠征中で、12日にフランス代表、16日にブラジル代表と戦う。
 このイタリア人監督に率いられて2年。昨年のアジアカップ …続き (2012/10/12)

 先日、イングランド・プレミアリーグのウィガンを指揮するロベルト・マルチネス監督がFW宮市亮について、こんな表現で褒めた。
 「リョウは素晴らしかった。お金を払って見るに値する選手だ」 …続き (2012/9/28)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。