日本サッカー世界への挑戦

フォローする

名古屋も鹿島も完敗…Jリーグ再開、「ACL組」の誤算
サッカージャーナリスト 大住良之

(1/5ページ)
2011/4/29 7:00
共有
印刷
その他

東日本大震災で中断されていたサッカーのJリーグが、23、24日に再開された。そのなかで興味深いことが起こった。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に出場している4チームが、1分け3敗と、ひとつも勝てなかったのだ。

■Jリーグ中断中もACLは続いていた

今季のACLには、昨年のJリーグ優勝の名古屋、同2位のG大阪、3位のC大阪、そして天皇杯優勝の鹿島が出場している。

3月11日の大震災により、Jリーグは約50日間にわたって中断されたが、ACLは震災直後の3月中旬に予定されていた鹿島と名古屋のホームゲームは約1カ月延期されて4月12、13の両日になったものの、原則として予定どおり開催された。

Jリーグが中断されている間、ACL参加チームはそれぞれ3試合を消化した。震災直後には精神的負担が大きかったためか、勝利という結果を残すことはできなかったが、4月になると各チームが攻守に鋭さを増し、4チームとも各グループで2位以内に入るのも可能な状況になってきた。

■「実戦感覚」を磨くには

G大阪とC大阪は4月5日と20日にACLの試合をこなし、鹿島と名古屋は6日から毎週1試合ずつACLを戦ってきた。韓国やオーストラリアなどの強豪相手の試合はどれも厳しく、日本の各チームも調子を上げているように見えた。

「実戦感覚」という言葉がある。サッカー選手というのは、トレーニングだけでコンディションを上げることはできない。試合を、それも勝つか負けるかが大きな違いを生む公式戦をこなすことで、プレーのスピード感や1対1の勝負カンを磨いていくものなのだ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

日本サッカー世界への挑戦 一覧

フォローする
1-4と日本が惨敗したベネズエラ戦の前半、選手に発破をかける森保監督=共同共同

 「私のころとは状況が違う。五輪代表監督とA代表監督の兼任は無理だ」
 2018年秋、そう語ったのは、フィリップ・トルシエ氏。1998年から2002年まで日本代表監督を務め、2000年のシドニー・オリン …続き (11/28)

残り3節となったJ1。FC東京は9日の磐田戦に勝ち、勝ち点差1で首位に立つ=共同共同

 Jリーグ1部(J1)は11月10日までに31節を消化、残りわずか3節となったが、優勝争いも残留争いも大混戦。予断を許さない状況にある。
 優勝争いでは、第31節に首位鹿島アントラーズが4位川崎フロンタ …続き (11/14)

決勝進出を決め、サポーターの歓声に応える槙野(左端)ら浦和イレブン=共同共同

 浦和レッズがアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で決勝進出を果たした。
 準決勝で中国の広州恒大と対戦した浦和は、10月2日のホームゲームを2-0で快勝。23日に広州の天河体育中心体育場に乗り込むと …続き (10/31)

ハイライト・スポーツ

[PR]