/

「見返してやる」で団結 クラシエ、再出発10年

クラシエホールディングスの石橋康哉社長

クラシエホールディングスの石橋康哉社長

経営破綻したカネボウの日用品、食品、医薬品を引き継ぎ、10年前に再出発したクラシエホールディングス。日用品を軸に業績も徐々に回復し、黒字化も果たした。石橋康哉社長は「医薬品を扇の要にシナジーを生んだ独自商品を増やし、売上高1000億円を目指したい」と意気込む。

歴史が生んだ「忖度体質」を一掃

――クラシエHDとして再出発してから10年。黒字化も果たしましたが、つらかったことは。

「最初は全部。ゼロどころか、マイナスからのスタートでしたから。何より残った社員の意識をどう高めるか。確かにカネボウは破綻したが、日用品、食品、医薬品の3事業が失敗したわけじゃない。だから自信を持って進んでいけばいいと」

「先日、全国5カ所で10周年の感謝の会を開きました。みんなで振り返って何が良くて、何が悪かったのか、何を変えればいいのかなど、議論していましたね。残った社員は意地がありました。辞めた優秀な社員もいましたが、『見返してやる』『残らなかったことを後悔させたい』とか、反骨心むき出しでした。それが強いまとまりにつながったわけですが」

――変えたことは何ですか。

「最近、忖度(そんたく)という言葉がはやっていますが、そういう体質だったところですね。カネボウは明治時代には多くの女子工員を全国から集め、寮に入れて、勉強も教える。高校卒業の資格も取得できるように配慮して。それで家族主義の塊のようになっていったわけですね」

「いい面もありますが、身内同士が守りすぎる負の部分も出てきます。日本の古い会社には共通していますね。そこで上司をおもんぱかりすぎないように『さん』づけにしたり、社用車は一切廃止にしたり、細かいところまで手をつけました」

――その後、毛染め最大手のホーユーに買収されました。どんな影響がありましたか。

「ホーユーの先代社長だった故・水野新平さんに決断していただいたのですが、本当に経営をフリーハンドで任せてくれました。印象深い思い出が1つあります。新平さんが『企業規模で言えば小が大を食うわけだが、クラシエの社員は納得できますか。がんばってくれますか。それだけが不安です』と言うのです」

 「僕はこう答えました。『心配することはありません。規模は関係ありません。食った方が大なんです。みんな分かっていますよ』と」

――ホーユーの買収の狙いとは何でしょうか。

「現社長も何もおっしゃいません。ホーユーは実に良い会社ですが、当社は株式会社としては相当歴史がある。そんなクラシエの制度や仕組みなどを参考にしたり、取り入れたり、利用できる面はあると思います」

――例えば髪の研究とかでシナジーが生まれたとか。

知育菓子づくり体験を通じ、保存料や着色料を使っていないことをアピールする

「ほとんどないですね。ホーユーは研究所も充実していて、毛染めについてはすごい技術です。あれは化学なんですね。シャンプーも手掛けており、技術レベルも上がっていますが、イメージ戦略とかマーケティングの面で課題があります」

「ホーユーも単品経営に近いし、クラシエが大きな保険になるということもあるかもしれません。逆もそうですが。いずれにしても双方で自立した経営を続け、将来的になんらかのシナジーが生まれればいいという視点だと思います」

――シャンプーは「いち髪」が強いですね。

「一時、資生堂のTSUBAKI、花王のアジエンスに押され、苦境に陥りました。サンプルを日本中にまきまくり、じわじわと復活しました。100億円ブランドに育ったので、次はHIMAWARIを第2のいち髪に育てたいですね」

漢方薬を底上げ、成長投資できるように

――今後の成長のポイントは何でしょうか。

「3事業にまとまったわけなので、今度こそシナジーの生まれる会社にしたいと。例えば大手ドラッグストアについては3事業とも取引先になります。支店も統合し、営業面での提案がしやすくなりました。相手のバイヤーが異動しても、紹介してもらえるなど人的な結びつきが続きますし」

 「例えば医薬品。漢方薬がようやく自立できる力を持ち、何とか成長投資ができるレベルまで底上げしたい。実際にドラッグストアも健康部門は強化しています。漢方は食品と日用品の真ん中に位置し、双方と融合できる可能性があります」

――食品は「フリスク」など海外企業の国内販売権を持っています。

「最近もフリスクを順調に伸ばしたせいか、(キャンディーの)チュッパチャプスの販売権を託されました。でもメーカーなので自前の商品をもっと育てたい。子供菓子、知育菓子、アイスクリームに加え、スポーツ飲料などです」

――甘栗の「むいちゃいました」もありますね。

「あれも20年近く前になります。その後、調子に乗って『枝豆むいちゃいました』を発売したけど、すべりましたね。味は良かったのですが、市場攻略は簡単じゃないですね(笑)」

(聞き手は日経MJ編集長 中村直文)

石橋康哉
 1980年(昭55年)武蔵大経卒、カネボウ化粧品神戸販売入社。04年カネボウ取締役、06年執行役副社長。07年クラシエホールディングス副社長執行役員、09年から現職。趣味のゴルフは社内でトップクラスの腕前。兵庫県出身。61歳。
新商品投入 効果生む
 クラシエホールディングスの2016年12月期の売上高は前の期比8%増の914億円だった。日用品では主力ブランドの「いち髪」、薬品は「漢方セラピー」、それぞれの新商品投入効果が出た。日用品のマーケティング費用がかさんだため、営業利益は54億円と横ばいにとどまった。
 今期も増収となる公算が大きい。日用品事業で大型ブランドを投入する計画。現状は日用品、薬、食品の3事業でのヒット商品に頼るところが大きく、安定した収益拡大には3事業のシナジーをどう出していくかがカギとなりそうだ。(柴田奈々)
[日経MJ2017年8月7日付]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン