2019年5月25日(土)

フィギュアの世界

フォローする

フィギュア・羽生 被災地へ届け、16歳の「勇気の舞」

(1/3ページ)
2011/4/16 7:00 (2011/4/18 18:32更新)
共有
印刷
その他

「氷の上にいた。立っているのが精いっぱい。少しずつ揺れがおさまってから、外に出たけれど、スケート靴のまま、ブレード(刃)カバーを付けるのも忘れていた」

東日本大震災があった3月11日、昨季のフィギュアスケート世界ジュニア王者で今季の四大陸選手権で2位となった羽生結弦(16、東北高)は仙台市内のアイスリンク仙台で練習中だった。

■4日間、避難所で過ごす

ゴムや柔らかい布以外の地面を踏むと、ブレードは一度で使えなくなる。カバーを付けることは染みついた習慣なのに、すっかり抜けていた。

羽生を含め、阿部奈々美コーチ、その生徒たちは無事だった。しかし、しばらくしてリンクに戻ると、氷が解けて水浸し。配管が壊れたと聞かされたが、詳細は分からず、立ち入り禁止になってしまった。リンク近くにある羽生の自宅も電気、ガス、水道が通じなくなり、家族で4日間、避難所で過ごした。

「水や食料を供給してもらって、たくさんの人に支えられていると実感した」。電気が通じたので戻ったが、ガスは4月まで使えなかったという。

■各地のリンクが被災

少し落ち着くと、スケートをできる人はやろう、という雰囲気にはなったが、氷がない。アイスリンク仙台は宮城県だけでなく、秋田、岩手、山形県のスケーターにとっても唯一の通年リンク。遠くに行くにも、交通手段がなく、リンク被害は関東にも及んでいた。

茨城県の笠松も損壊して再開は未定。東京の明治神宮外苑アイススケート場も天井や壁の一部が破損。「破損しなかった部分の点検、修理もする。6月をメドに再開したい」(神宮外苑総務部)。千葉市のアクアリンクちばも、9日にやっと再オープンにこぎ着けたところだ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

訂正> 4月16日7時に掲載した「フィギュア・羽生 被災地へ届け、16歳の勇気の舞」の記事中、アンコールに「ラプソディー・イン・ブルー」を披露したとあったのは「パガニーニの主題による狂詩曲」の誤りでした。(2011/4/18 18:32)

共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

フィギュアの世界 一覧

フォローする
紀平はフリーで巻き返したが、SPの出遅れが響いた

 日本勢の金メダル2個、銀メダル1個と沸いたさいたま大会から5年。再びさいたまスーパーアリーナで行われたフィギュアスケートの世界選手権は、銀メダル1個にとどまった。だが、日本勢にとっては実り多く、これ …続き (3/30)

紀平はGPファイナルで、13年ぶりに日本選手として初出場初優勝を果たした=共同共同

 フィギュアスケートの世界では、五輪の翌シーズンに新しいスター選手や、大きなルール改正に伴ってこれまでにない戦い方をする選手が出てくることがある。今季はそれが顕著で、わかりやすい。紀平梨花(関大KFS …続き (1/14)

ジャンプにミスが出たが、高橋は高い演技構成点を獲得した=共同共同

 24日まで行われたフィギュアスケートの全日本選手権で男子2位に入った高橋大輔(関大KFSC)。2019年3月20~23日にさいたま市で開催される世界選手権の代表入りは辞退したものの、自分らしく4年ぶ …続き (2018/12/30)

ハイライト・スポーツ

[PR]