2019年6月16日(日)
スポーツ > コラム > 記事

サッカーコーチング(城福浩)

フォローする

大震災とサッカー、指導者として考えること

(1/5ページ)
2011/4/12 7:00
共有
印刷
その他

城福浩・前FC東京監督

城福浩・前FC東京監督

東日本を大震災が襲った「3・11」から後、スポーツの価値とか意味について当のアスリートたちが大いに悩んでいると聞く。凶暴な地震と津波によって家族や家や仕事を一度に失ってしまった被災者の心中をおもんばかると、とてもじゃないがボールを蹴ったり、バットを振ったりする気になれないということだろう。

■「穏やかな日常」の前提崩れると

ビジネスとして巨大化したスポーツではあるが、そのベースには穏やかな日常というものが必要不可欠。その前提が崩れると、スポーツをする場所も意味も脅かされることをスポーツ関係者は今回、ひしひしと感じたに違いない。

また、被災地で被災者のために身を粉にして働く方々を見るにつけ、ピッチやグラウンドやコートの中では自信満々の自分たちがひどく無力に思え、自分の仕事までちっぽけに思えた者もいるのだろう。

その気持ちは痛いほど分かるけれども、チームを預かる監督たちは、いつまでもそんな苦悶(くもん)の中に選手を浸しておくわけにはいかない。

■逆境の中にも何か手はあるはずだ

第1節を消化して中断していたJリーグは4月23日に再開する。スタート地点が決まっている以上、そこにはベストの状態で臨まなければならない。

シーズンが再開して「ああ、やっぱりJがあって良かったね」とお客さまに思わせるのは監督と選手、つまり現場の責任である。言い訳は無用。プロスポーツのそれは掟(おきて)である

監督という"種族"は、チームが攻勢の時はその流れが維持、あるいは増すように、あるいはつまらぬミスでブレーキがかからないように細心の注意を払う。守勢の時はそれを盛り返す手立てを懸命に考える。

そういう監督目線で震災後のサッカーの在り方を考えると、現在の非常に厳しい状況下にも何か"逆襲"の芽があるように思えてならない。逆境の中でも育てられる芽が。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカーコーチング(城福浩) 一覧

フォローする

 12月3日のJリーグ最終節で柏の劇的なJ1優勝を見届けた後、スカパーの仕事で私は欧州へと旅立った。5日朝の月曜日に成田を発ち、火曜日(6日)にドイツでUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のドルト …続き (2011/12/29)

 11月、長野県と長崎県で貴重な体験をさせてもらった。人を介して講演を依頼され、サッカーの話をする機会があったのだが、聴き手はフットボールピープルという共通項がある以外、老若男女、まさにさまざま。懐か …続き (2011/12/1)

シビアなイタリアでもまれたザッケローニ監督は現実主義。足元をしっかり固めながら強化をはかる

 2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア3次予選のタジキスタン戦に備えて、日本代表がベトナムと戦っていた10月7日、私は韓国にいた。韓国のフル代表とU―22(22歳以下)代表の強化試合に個 …続き (2011/11/1)

ハイライト・スポーツ

[PR]