2019年6月20日(木)

フィギュアの世界

フォローする

荒川静香「小さなことを積み重ねたい」 仙台を訪れて

(1/3ページ)
2011/4/9 7:00
共有
印刷
その他

6日午前3時に東京を出発して、両親と3人で東日本大震災で大きな被害を受けた故郷の宮城県を訪れました。

■靴下、お菓子などの救援物資を持って

仙台市青葉区と同県利府町は、私が2歳から高校卒業まで過ごした思い出の地。「何かしなくては……」。大震災後、はやる気持ちをずっと抑えてきましたが、東北自動車道が開通し、食料と布団を車に積み込みさえすれば自分のことは何とかなると判断して、行くことに決めました。

被災地には今、何が必要で、私に何ができるのか? それを自分の目と耳で確かめ、見つけようと思いました。

少しでもお役に立てて頂きたく、数日の準備期間で3人で用意した靴下300足、お菓子を段ボール10箱、トレーニングウエア、ジャージー、Tシャツ、スニーカーなどを段ボールに詰め込み、義援金も持ち、出発しました。

スポンサーになってくださっている企業のご厚意でアイマスクを300枚とドリンク、そして友人がチョコレート18箱入り段ボールを12箱提供してくれました。

■仙台までは5時間ほど

被災した方々が不要なものは、持って帰るつもりでした。特に衣類や靴は私の使用しているサイズしかなかったので心配でした。

順調に入った東北自動車道も、栃木県に入った辺りから、時速80キロに制限されていて、ところどころ路面に亀裂が入っている。福島県に入ると、車がガタンガタンと浮き上がるほどの段差が現れ、前後左右を走るトラックの荷台も怖いほどガタガタ揺れていてハンドルを握る手に力が入りました。普段、仙台まで4時間くらいで行きますが、5時間ほどかかりました。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

フィギュアの世界 一覧

フォローする
紀平はフリーで巻き返したが、SPの出遅れが響いた

 日本勢の金メダル2個、銀メダル1個と沸いたさいたま大会から5年。再びさいたまスーパーアリーナで行われたフィギュアスケートの世界選手権は、銀メダル1個にとどまった。だが、日本勢にとっては実り多く、これ …続き (3/30)

紀平はGPファイナルで、13年ぶりに日本選手として初出場初優勝を果たした=共同共同

 フィギュアスケートの世界では、五輪の翌シーズンに新しいスター選手や、大きなルール改正に伴ってこれまでにない戦い方をする選手が出てくることがある。今季はそれが顕著で、わかりやすい。紀平梨花(関大KFS …続き (1/14)

ジャンプにミスが出たが、高橋は高い演技構成点を獲得した=共同共同

 24日まで行われたフィギュアスケートの全日本選手権で男子2位に入った高橋大輔(関大KFSC)。2019年3月20~23日にさいたま市で開催される世界選手権の代表入りは辞退したものの、自分らしく4年ぶ …続き (2018/12/30)

ハイライト・スポーツ

[PR]