フィギュアの世界

フォローする

世界フィギュア、なぜ日本開催を断念したか

(1/3ページ)
2011/4/3 7:00
共有
印刷
その他

東日本大震災で東京開催を断念したフィギュアスケートの世界選手権は4月24日から、モスクワで開催されることになった(5月1日まで)。日本スケート連盟はギリギリまで日本開催の道を探ったが、国際スケート連盟(ISU)の求めた条件を満たせず、断念することになった。

■氷を張ろうとした前日に震災

大地震は、東京大会の会場に予定されていた国立代々木競技場の屋根のお色直しも最終段階に入って「さあ、氷を張ろう」としていた前日に起こった。ISUは地震3日後の14日、3月21~27日の日程での開催は不可能と発表。続いて、今秋の日本開催の可能性について日本スケート連盟に打診してきた。

東京大会のチケット約5万5000枚は発売開始から数分で完売。14あるスポンサー枠も大会半年前には売り切れた。放映権を持つテレビ局にとっても、サッカーのワールドカップ(W杯)を上回るようなドル箱コンテンツだ。「1年半準備して、みんな楽しみにしていたろうし、チケットの払い戻しだけでも大変な額。何としても日本でやりたい」と19日、日本スケート連盟の伊東秀仁フィギュア部長は話した。

■名古屋と大阪は収容能力少なく…

しかし、決断までの時間は短かった。選手にとって4月から9月まではオフであり、翌シーズンのプログラムを作って練習し、ショーに出演する時期だ。ISUは「5月中旬から9月中旬までは外すように」と言い、それ以外の時期で日本開催ができるかどうか、日本連盟に3月21日までに回答するよう求めた。

大きなスポーツイベントを招致しようとすると、様々な準備が必要だ。フィギュアの場合、試合リンク、練習リンクのほかに、ホテルを数百室押さえないといけない。

きちんとした常設観客席がある競技リンクは、名古屋と大阪と長野ぐらい。そのうちの名古屋と大阪は収容能力が少ない。開催しようとすると大きなアリーナに仮設リンクを作ることになるが、それには約6000万円かかるという。その上、練習リンクの確保が難しい。

ギリギリ会場の条件を満たす長野にしても、ホテルが足りない。場所を変えての今春開催は、ほぼ絶望的だった。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

フィギュアの世界 一覧

フォローする
紀平はフリーで巻き返したが、SPの出遅れが響いた

 日本勢の金メダル2個、銀メダル1個と沸いたさいたま大会から5年。再びさいたまスーパーアリーナで行われたフィギュアスケートの世界選手権は、銀メダル1個にとどまった。だが、日本勢にとっては実り多く、これ …続き (3/30)

紀平はGPファイナルで、13年ぶりに日本選手として初出場初優勝を果たした=共同共同

 フィギュアスケートの世界では、五輪の翌シーズンに新しいスター選手や、大きなルール改正に伴ってこれまでにない戦い方をする選手が出てくることがある。今季はそれが顕著で、わかりやすい。紀平梨花(関大KFS …続き (1/14)

ジャンプにミスが出たが、高橋は高い演技構成点を獲得した=共同共同

 24日まで行われたフィギュアスケートの全日本選手権で男子2位に入った高橋大輔(関大KFSC)。2019年3月20~23日にさいたま市で開催される世界選手権の代表入りは辞退したものの、自分らしく4年ぶ …続き (2018/12/30)

ハイライト・スポーツ

[PR]