米ツアー ズームアップ

フォローする

米女子ツアー開幕戦V、ヤニ・ツェン時代は到来するか
ゴルフライター 川野美佳

(1/3ページ)
2011/2/22 7:00
共有
印刷
その他

2011年の米女子ゴルフ(LPGA)ツアーがついに開幕した。開幕戦のホンダLPGAタイランド(17日~20日、サイアムCC=6469ヤード、パー72)を制したのは台湾の曽雅●(22、ヤニ・ツェン)。曽は今年、ISPSハンダ女子オーストラリアンオープン(3日~6日)、ANZ女子マスターズ(10日~13日)と欧州女子ツアーで2連勝していて、これで3週連続優勝の快挙を達成した。

■5ストロークの大差をつけて優勝

宮里藍がディフェンディングチャンピオンとして臨んだホンダLPGAタイランド。通算4オーバーで29位に終わった宮里藍から主役の座を奪ったのが曽だった。

最終日はタイでも人気の高いミシェル・ウィー(米)との直接対決。灼熱(しゃくねつ)の太陽が照りつける中、ウィーがスタートの1番ホールでチップインバーディーを奪ったときは、ギャラリーの熱狂で体感温度がさらに跳ね上がったほどだ。

しかし、「勝つためには何をすればいいのか分かっている」という曽が、終始安定したゴルフでバーディーを重ね、最終日6アンダーの66の好スコアをマーク。「バック9で1つもパットが入ってくれなかった」と嘆くウィーを尻目に、5ストロークの大差をつけて通算15アンダーで逃げ切った。

■ウィーとアマ時代から因縁

実はこの2人、アマチュア時代から浅からぬ因縁がある。ウィーが「天才少女」と騒がれていた2004年、アマチュア競技のメジャー大会の1つである全米女子アマパブリックリンクスの決勝戦で2人は激突、下馬評を覆して曽が1アップで勝利を収めたのである。

その後、プロの試合や男子ツアーへの挑戦で話題にはなったもののスランプに陥って低迷したウィーに対し、曽は着々と実力を蓄えて3年前の08年にLPGAツアーデビュー。その年のメジャー第2戦である全米女子プロ選手権で、鮮やかにツアー初優勝を飾った。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

米ツアー ズームアップ 一覧

フォローする
ミケルソンはプレーオフ制度が始まってから初めて2戦目への出場を逃した=APAP

 遠い将来、米男子ゴルフのツアー記録を調べていて、多くは2019~20年シーズンのところで手を止めるはずだ。なぜこのシーズンは、四大大会のうちマスターズ・トーナメント、全米オープン、全英オープンが行わ …続き (9/2)

タイガー・ウッズはこれまでも長期欠場が何度かあったが、復帰後すぐにブランクの影響を感じさせずに結果を残すケースが少なくない=ゲッティ共同ゲッティ共同


 米男子ゴルフはコロナ禍で大幅に予定が変更されたことから、今週、いよいよ今季最初のメジャー大会が行われる。以下のデータだけを切り取って判断するなら、この選手が全米プロ選手権(カリフォルニア州、TPCハ …続き (8/5)

トラベラーズ選手権の第1ラウンドで一緒に回るマッカーシー(左)、ウォレス(左から2人目)、コーリー(右)=APAP

 大リーグ、プロバスケットボールNBAの開幕や再開も決まり、新型コロナ禍でも徐々に米プロスポーツが開催に向けて動き出している。男子ゴルフの米ツアーは再開してすでに3大会が終了した。
 ただ、早くも波乱含 …続き (7/1)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]