2018年8月21日(火)

メジャーリポート

フォローする

日本でも「脱バント」が浸透するか 日米野球比較5
スポーツライター 丹羽政善

(3/4ページ)
2011/2/14 7:00
共有
印刷
その他

 無死一塁でバントをすれば得点しやすくなるというセオリーを確率という視点で見れば、これまでに紹介してきた大リーグでの検証結果も含めて一連の数値が、そのセオリーは必ずしも肯定されないことが分かる。

■バントがあるから強攻策が生きる

 ただ、そうはいっても、及川先生はバントの効果を否定しているわけではない。

 「(無死一塁でヒッティングして走者を進められずに)1アウト一塁になる可能性が高いのであれば、バントをしたほうがいい。結局、いろんなことが起こる可能性が全部平等に起こるのであれば、ヒッティングの方が得だが、打者と投手、走者を考えて、1アウト一塁にされてしまう確率が高いのであれば、バントをした方がいいのではないか」と及川先生は話す。

 さらに、バントが存在するからこそ、ヒッティングが生きてくる面もあると補足した。

  「バント企画後のヒッティングの得点期待値が一番高い。それは、シフトも敷いてくるし、相手が考えてくれるからだと思う。(大学で監督をしていて)バントをするのをやめたら、相手が余裕を持って守っていた。打ってくるだろうということで下がって守られると、強攻したらゲッツーになったりする。(相手が)バントシフトを敷いたところで打つから、面白い」

■極端な発想は必要なし

 これまで度々紹介し、得点を目的とした犠牲バントの効果を否定している「The Book」という本でも、「たまにはバントをするべき。相手守備陣にバントがあると思わせることが必要」と、そうした効果を認めている。相手がバントを意識した守備体制を敷けば、前で守っている分、速い打球が野手の間を抜ける確率が高くなることなどを指摘したものだ。

 要は不利なデータが並んでいるからといって、戦術からバントを外す極端な発想を持つ必要もないということである。

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

メジャーリポート 一覧

フォローする
サヨナラ2ランを放った6月20日のマリナーズ戦が転機になったかもしれない=APAP

 終盤に近づいてきた今季の米大リーグで、ヤンキースの主砲ジアンカルロ・スタントンが本領を発揮しつつある。夏場に入って成績が上向き、8月11日(日本時間12)までの5試合のうち4戦で本塁打と好調。アーロ …続き (8/13)

田中にとって防御率4.68は不本意な数字に違いない=APAP

 米大リーグは前半戦終了までそれぞれ1試合を残すだけになり、7月17日(日本時間18日)のオールスターゲームを挟んで後半戦に突入する。今季は球宴に出場する日本選手こそいないが、所属する多くのチームがプ …続き (7/16)

6月29日のレッドソックスとの3連戦初戦、気迫の投球をみせたヤンキースのCC・サバシア(左)=APAP

 米大リーグでア・リーグ東地区に所属し、「最高のライバル関係」といわれるヤンキースとレッドソックスの対戦が再び熱気を帯びようとしている。6月末時点の両チームの勝率はメジャー30球団でトップを争う。この …続き (7/2)

ハイライト・スポーツ

[PR]