2019年2月19日(火)

メジャーリポート

フォローする

日本でも「脱バント」が浸透するか 日米野球比較5
スポーツライター 丹羽政善

(1/4ページ)
2011/2/14 7:00
共有
印刷
その他

大リーグに比べれば、まだまだデータが少なかった日本でも、2000年代に入ってからバントの効果についての検証が本格化している。

06年には東京学芸大学の及川研准教授らが、無死一塁でヒットエンドランや盗塁など各種作戦のなされた後の攻撃展開を比較することによって送りバントの効果を調べようと、プロ野球の公式戦全846試合(セ・リーグ330試合、パ・リーグ300試合、交流戦216試合)の中継放送を録画したそうだ。

■バントが有利とはいえない

05年にはプロ野球公式戦の前半戦を対象として犠打の有効性を分析。得点期待値が下がる結果となったことはすでに紹介したが、その対象を1年間に広げて再検証を試みたのである。

及川研・栗山英樹・佐藤精一:『野球の無死1塁で用いられる送りバント作戦の効果について』、「コーチング学研究」、第24巻第2号、2011

及川研・栗山英樹・佐藤精一:『野球の無死1塁で用いられる送りバント作戦の効果について』、「コーチング学研究」、第24巻第2号、2011

気の遠くなるような作業の結果、導きだされた無死一塁のケースは3994回。それを「送りバント」「ヒッティング」「盗塁」「ヒットエンドラン」「バント企画後のヒッティング」と5つの作戦別に分けてその効果を分析すると、やはり得点期待値において「バントが有利とはいえない」という結論がもたらされたそうである(及川研・栗山英樹・佐藤精一:『野球の無死一塁で用いられる送りバント作戦の効果について』、「コーチング学研究」、第24巻第2号、2011)。

■送りバントした場合の生還率は37.6%

以下、同論文のデータを引用しながら話を進めるが、3994回のうち、送りバントが選択されたのは912件(22.8%)。このときの「進塁率」(一塁走者が二塁または、その先の塁に進塁すること)は81.6%で「生還率」(一塁走者がそのイニングで得点すること)は37.6%、「得点期待値」(及川准教授の論文ではイニング総得点となっているが、ここではこれまでと同様に得点期待値と表記する)は0.73点となっている。

ヒッティングした場合については2297件(57.5%)で、進塁率が40.7%、生還率36.5%、得点期待値は0.86点だった。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

メジャーリポート 一覧

フォローする
ヤンキースでの19シーズンで史上最多の652セーブをあげた(2013年9月)=APAP

 1月22日に今年の米野球殿堂入り選手が発表され、元ヤンキースのマリアノ・リベラ氏が資格1年目で選出された。史上最多の652セーブを挙げたリベラ氏の殿堂入りは、すべての関係者の予想通り。特筆すべきは4 …続き (1/28)

ベッツは高校時代、野球とバスケットボール、ボウリングの「三刀流」アスリートだった=APAP

 ここ数年で、大リーグのデータ化は別次元に入っている。その流れの中で、どのチームも少しでもアドバンテージを得ようと、能力の数値化、その分析に力を注ぐ。今回はそんな様々な試みの中から、脳科学を巡るアプロ …続き (2018/12/24)

アルトゥーベは16年と17年には24本塁打を放ち、「フライボール革命」の一躍を担う=APAP

 ある試合前の練習後、ホセ・アルトゥーベ(アストロズ)がダッグアウトの横で地元の子供たちと写真を撮っていた。ただ、その中には身長がアルトゥーベと変わらない子もいて、屈強な大リーガーを囲んで、という普段 …続き (2018/12/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]