スポーツ > コラム > 記事

スペシャル

フォローする

西武・涌井の年俸調停…初の選手寄り裁定の意味

(1/3ページ)
2011/2/8 7:00
共有
印刷
その他

プロ野球のキャンプが始まり、注目の新人、日本ハムの斎藤佑樹ら様々な話題が聞こえてくる。ところで、プロ野球では1月28日、年俸調停に持ち込まれていた西武のエース、涌井秀章の今季年俸が昨季比15%増の2億5300万円となることで決着した。年俸調停は日本ハム時代の下柳剛投手(現阪神)以来10年ぶり7人目だが、選手側の主張が大幅に認められた裁定が出たのは実質初めてのこと。今回のケースは画期的な転換点となるのだろうか。

■4度の交渉でまとまらず調停に

契約交渉の過程をおさらいしておこう。当初、現状維持の2億2000万円プラス出来高2000万円を提示した西武球団に対し、涌井は3億円を要求した。

その後、2億7000万円、2億5000万円プラス出来高2000万円まで譲歩したが、球団は折れない。4度の交渉でもまとまらず、年俸調停に持ち込まれた。

交渉中、両者の主張は平行線をたどった。西武側は、勝負どころの終盤戦で涌井が踏ん張れなかったことが、優勝を逃した一因になったことを重くみた。査定ポイントに基づいて算出すれば減俸になるところを、大目に見ての現状維持だと主張した。

一方の涌井は、シーズン14勝と5年連続の2ケタ勝利という安定した活躍に、相応の評価をしてほしいと訴えた。

プロ野球の年俸調停一覧
選手名球団選手希望額球団提示額調停額
1973マックファーデン阪神840560560
91落合博満中日27,00022,00022,000
93高木豊横浜10,2639,3309,840
96野村貴仁オリックス6,5003,9003,900
98ソリアーノ広島2,130580580
2001下柳剛日本ハム15,00013,75014,000
2011涌井秀章西武27,00022,00025,300

(注)単位は万円、金額は推定。マックファーデンとソリアーノは調停額を拒否して任意引退

■球団の完敗に近い裁定

年俸調停委員会(委員長・熊崎勝彦コミッショナー顧問)が下した昨年比3300万円増は、涌井が求めた5000万円増の66%に当たる。

3人いる調停委のメンバーの1人で前巨人監督の堀内恒夫氏は「その分だけ涌井の言い分が優勢だったということ」と説明したが、交渉過程で涌井が2億5000万円まで譲歩していたことを考えれば、実質的には球団の完敗に近い裁定だ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする

 自転車ロードレースで世界的に活躍したランス・アームストロング(米国、41)が、悪質なドーピング違反を理由に自転車界から永久追放されることが確定した。世界最高峰の自転車レース、ツール・ド・フランス最多 …続き (2012/11/10)

迷うことなく体を張る。最後の戦いを迎えるころには自然にそれが身に付いている

 全国高校ラグビーフットボール大会の神奈川県予選。11日に行われる準決勝第一試合は、桐蔭学園と県立横須賀高校の対戦だ。人材、環境面で不利な公立高校が、全国大会で優勝経験のある私立高校に挑む。公立の生徒 …続き (2012/11/9)

 2012年ドラフトの各球団の指名選手は以下の通り。
…続き (2012/10/25)

ハイライト・スポーツ

[PR]