2019年6月18日(火)

クイックVote

フォローする

EVが普及するための課題は何か 読者の方のご意見
クイックVote 第330回

2017/11/2 2:00
共有
印刷
その他

「航続距離」と答えた方のご意見

30代男性
充電時間が必要なうえ、充電設備も限られることから、航続距離は必須だ。今の性能では街乗りにはよくても長距離に不安があって乗れない。

50代男性
ガソリンスタンド並みに充電ステーションが展開できなければ無理。充電時間もガソリン給油並みの時間でするか、スタンドで充電ではなくワンタッチで満充電バッテリーと交換できるようにすれば普及も進むのではないか。

60代男性
1回の充電で最低でも500キロは走ってほしい。

「充電時間」と答えた方のご意見

50代男性
充電時間と充電のためのインフラが十分になれば急速に広まる。

60代男性
1回の充電当たりの走行距離なんて300キロメートルで十分。問題は充電時間だ。何時間もかけて充電するなんてナンセンス。今の実力で使うなら家で充電が前提になる。遠くに行く気がおこらないクルマに何の価値があるのか。

「価格」と答えた方のご意見

40代男性
ガソリン車と同等の値段になることが必要だ。

60代男性
自動車がないと生活しづらい地方でこそ、手軽な足としての軽自動車にとって代われるくらいの価格帯が普及の鍵だと思う。電池の技術がより進めば夢ではないと思う。

「電池の寿命」と答えた方のご意見

40代男性
何年後にどれくらいの電池残量があるかという点が明らかになっていると安心して使える。電池交換がいくらでできるかメニューがあると安心できる。

60代男性
10年以上の寿命は、最低限の条件だと思うが、交換時の価格はより重要だろう。古いバッテリーをリサイクルできないのだろうか。

「その他」と答えた方のご意見

40代男性
価格、航続距離、充電時間も電池寿命も課題だが、加えて充電スタンドの配備や日本メーカーの意識など、課題は山積しているように見える。

クイックVoteをMyニュースでまとめ読み
フォローする

共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ

電子版トップ特集トップ


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報