メジャーリポート

フォローする

日本にもいた「バントの嫌いな監督」 日米野球比較4
スポーツライター 丹羽政善

(1/5ページ)
2011/2/1 7:00
共有
印刷
その他

1月下旬、長く投手コーチを歴任されたあと、1998年から横浜ベイスターズの監督に就任され、1年目にいきなりチームを38年ぶりの優勝に導いた権藤博氏を名古屋に訪ねた。

1998年の日本シリーズを制し、胴上げされる横浜の権藤監督(当時)

1998年の日本シリーズを制し、胴上げされる横浜の権藤監督(当時)

■横浜監督時代、犠打は年平均60台

これまで、外国人監督が指揮を執った場合、チーム犠打の数が日本人監督と比べて少ない、ということを紹介したが、権藤氏が横浜の監督を務めた98年~2000年の3年間、犠打の数は68、57、61個(年平均62個)だった。本人も、「平均で60台だった」と振り返る。

となると、当時も今も、シーズンのチーム犠打が100を超えることが珍しくない日本プロ野球界にあって、この数字はメジャー並みの少なさ(メジャーでは98年~2000年のチーム平均が54.84。90年代の平均は59.11)だったことになる。

その意図は何だったのか?――。権藤氏の考え方には、メジャーと共通するものがあった。

セ・リーグ各チームの犠打数
98年99年2000年3年間
合 計
横浜685761186
巨人8710196284
広島9110398292
阪神122108107337
中日129115125369
ヤクルト118139133390

■バントしてくれるとホッとする

権藤氏は「監督として、どうやって27個のアウトを取るかを考えた。(バントでアウトを1つ)くれるのであれば、ありがたい」と話す。

「僕は投手出身ですから、投手の立場になれば、(相手が)バントをしてくれるとホッとするわけですよ。『1つくれた、アウトをくれた』と思うわけなんですよ。(アウトの数が)3つと2つとでは、全然違う。逆に考えれば、攻撃しているときは27のアウトを取られないように考えるわけですから、(バントで)それを無駄に与えることはないということです」

データに加え、「相手にアウトを無駄に与える必要はない」という考え方は、大リーグの中でも「バント否定派」の根幹だ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

メジャーリポート 一覧

フォローする
18日のホワイトソックス戦では外角に逃げる変化球を捉え、右手1本で中堅越えの本塁打を放った=共同共同

 昨季は8月に6本塁打をマークした米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平。投手の疲労が蓄積している夏場に本塁打量産も期待されたが、22試合で1本と伸び悩み、ここまで16本塁打にとどまっている。残り30試合を …続き (8/28)

7日のアストロズ戦の三回、左中間に14号2ランを放つエンゼルス・大谷=共同共同

 米大リーグ、エンゼルスで2年目のシーズンを戦う大谷翔平の後半戦に大きな期待が集まっている。右肘手術から復帰して打者に専念する今季は、6月に32安打、9本塁打、22打点といずれも月間自己最多の数字をマ …続き (7/31)

最も安定感のある田中も25日のレッドソックス戦では12失点。プレーオフに向けて先発陣の不安は消えない=USA TODAY Sports

 ヤンキースが久々の世界一に向けて突き進んでいる。7月27日まで宿敵レッドソックスに3連敗を喫したが、それでもまだ8ゲームの大差をつけている。今後、大崩れしなければ、2012年以来の地区優勝の可能性は …続き (7/29)

ハイライト・スポーツ

[PR]