2019年1月17日(木)

メジャーリポート

フォローする

日本の野球でも「バントは損」か 日米野球比較3
スポーツライター 丹羽政善

(2/4ページ)
2011/1/17 7:00
共有
印刷
その他

メジャーの数字を改めて紹介すると、「The Hidden Game of Baseball」によれば、1961年から77年の実例をたどったところ、無死一塁でそのまま攻撃した場合の得点期待値は0.783点で、バントをして1死二塁から攻めた場合の得点期待値は0.699点となっている。

日本のプロ野球と大リーグの
得点期待値の比較
送りバント
あり
送りバント
なし
2005年前半戦
セ・リーグ0.840.97
パ・リーグ0.981.16
大リーグ
1961~19770.6990.783
(The Hidden Game of Baseballによる)
2000~2004
(ナ・リーグ)
0.70.906
(The Bookによる)

■いずれもバントをしない方が得点期待値は高い

度々紹介している「The Book」では、無死一塁でそのまま攻撃した場合の得点期待値が0.906点。バントをして1死二塁になった場合の得点期待値は0.700点だ(2000~04年、ナ・リーグ)。

表に関して断っておきたいのは、及川先生のデータは、無死一塁、無死二塁、無死一、二塁のケースでバントをしたかどうかが対象。メジャーの数字はともに無死一塁でバントをしたケースに限定されている。

おそらく、そのために日本の得点期待値の方が高いと思われるが、時代、リーグ、ケースが違っていても、その数字に共通するのは、いずれもバントをしない方がバントをした場合の得点期待値を上回っているという事実だ。

■日米の野球で期待値の傾向に差はなし

日本では、他にも送りバントをした場合と、しない場合の得点期待値を比較した本が出ているが、そうした調査でも、バントをしない場合の得点期待値の方が高くなっているようである。

以上の比較で動かしがたいのは、バントによって得られる得点期待値において、日米の傾向の差を見いだすことは難しい、ということである。

仮に、日本の場合、送りバントをした方が得点期待値が上がるというデータがあるのなら、日本と大リーグでバントの頻度において倍近い差がある理由も説明できるが、実際はそうではない。

では、なぜ、バントの頻度で日米に大きな差があるのか。

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

メジャーリポート 一覧

フォローする
ベッツは高校時代、野球とバスケットボール、ボウリングの「三刀流」アスリートだった=APAP

 ここ数年で、大リーグのデータ化は別次元に入っている。その流れの中で、どのチームも少しでもアドバンテージを得ようと、能力の数値化、その分析に力を注ぐ。今回はそんな様々な試みの中から、脳科学を巡るアプロ …続き (2018/12/24)

アルトゥーベは16年と17年には24本塁打を放ち、「フライボール革命」の一躍を担う=APAP

 ある試合前の練習後、ホセ・アルトゥーベ(アストロズ)がダッグアウトの横で地元の子供たちと写真を撮っていた。ただ、その中には身長がアルトゥーベと変わらない子もいて、屈強な大リーガーを囲んで、という普段 …続き (2018/12/10)

ハーパーは早くから18年オフのFA争奪戦の注目選手とされていたが…=APAP

 2018年の米大リーグはレッドソックスのワールドシリーズ制覇で幕を閉じ、ストーブリーグに突入している。この冬のフリーエージェント(FA)市場では誰が目玉になるのか。新たに日本選手のメジャーリーガーは …続き (2018/11/19)

ハイライト・スポーツ

[PR]