尾瀬ケ原の力持ち、歩荷2年生

(1/7ページ)
2010/12/19 7:00
共有
印刷
その他


「ピース」。記念写真に納まるハイカーたちの横を、脚の生えた荷物が通り過ぎた。並々ならぬ量の荷を背負い、額には大粒の汗。ギョッとした人たちが問いかける。「何キロあるの?!」。「……100キロちょい……」。息も絶え絶えで答えたのは猪熊俊臣さん(29)。尾瀬の歩荷(ぼっか)、2年生だ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]