日本サッカー世界への挑戦

フォローする

Jリーグの理念揺るがす大宮の「観客数水増し」問題
サッカージャーナリスト 大住良之

(1/5ページ)
2010/11/20 7:00
共有
印刷
その他

Jリーグ1部(J1)の大宮アルディージャが過去4年間にわたって入場者数を「水増し」して発表していた問題で、Jリーグの大東和美チェアマンは16日、けん責処分(始末書提出)とともに制裁金2000万円を科すと発表した。2000万円の制裁金は2008年の浦和―G大阪戦でサポーター同士のトラブルで浦和に科せられた最高額と並ぶもの。この裁定を受け、大宮は30日以内に制裁金を支払わなければならなくなった。

NACK5スタジアム完成とともに水増しが始まった

大宮のホームスタジアムは、さいたま市大宮区(旧大宮市)にあるさいたま市所有の「NACK5スタジアム大宮」である。かつては「埼玉県営大宮公園サッカー場」と呼ばれていた。

1960年に建設され、大改装されて東京オリンピックのサッカー競技で使用された。浦和レッズも一時準ホームスタジアムとして使用したことのある球技専用競技場だが、その後、J2の大宮がホームに。その大宮が05年にJ1に昇格したこともあって大改装が決定し、2007年11月11日に大分トリニータを迎えて新装のスタジアム(収容1万5300人)の初戦が戦われた。

「水増し」が始まったのは、まさにその試合だった。

スタンドは立錐の余地もないほど埋まっていた

前売りに出した1万4530枚のチケットは完売していた。ピッチから見上げると、スタンドは立錐(りっすい)の余地もないほど埋まっていた。

だが当日入場ゲートを通過してカウントされた観客を総計すると、1万1725人にしかならなかった。当日、新スタジアム落成を祝うために試合前にいろいろなイベントを実施し、選手の家族も多数招待されていた。

Jリーグの基準では入場無料のイベント参会者や選手家族がスタンドに入って観戦した場合も、「入場者」に含めてよいことになっている。ただしその場合には、別個の入場ゲートを設置し、人数をしっかりカウントしなければならない。アルディージャはそれを怠り、イベント参加者などに「そのままスタンドに入ってください」と誘導していたという。

運営に当たっていたクラブの幹部2名は、ゲートでカウントされていない人びとを「総合的に勘案」して、試合の後半半ばに入場者数を「1万4752人」と発表した。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

日本サッカー世界への挑戦 一覧

フォローする
オランダで国際親善試合を行った日本代表の活動再開は大成功だったといえる=ロイターロイター

 オランダのユトレヒトを舞台に、9日のカメルーン戦、13日のコートジボワール戦の2試合を戦ったサッカー日本代表の「活動再開」は大成功だったと思う。
 試合結果は1勝1分け。カメルーンと0-0で引き分けた …続き (10/15)

10月のアフリカ勢との親善試合では久保(左)が最大の注目となる=共同共同

 実質的に11カ月ぶりとなる活動。森保一監督率いるサッカーの日本代表は、10月9日にカメルーンと、そして13日にコートジボワールと親善試合を行う。場所はいずれもオランダのユトレヒト。無観客での開催とな …続き (10/3)

「オリンピック世代を含め30人近くの選手を呼んで意思疎通をはかりたい」と語る森保監督(15日)=共同共同

 「10月のFIFAインターナショナルウィンドウ(FIW)を利用して、サムライブルーはオランダで二つの国際試合を行うことになった」
 9月11日、日本サッカー協会の反町康治技術委員長は、協会公式サイト上 …続き (9/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]