2018年7月18日(水)

インタビュー

フォローする

安藤美姫「教わるだけから卒業。曲選びもコーチと」

(1/4ページ)
2010/11/24 7:00
共有
印刷
その他

 選手にとって、コーチの存在は大きい。フィギュアスケートの安藤美姫(トヨタ自動車)はニコライ・モロゾフコーチについて、今季で5シーズン目になる。グランプリ(GP)シリーズの中国杯、ロシア杯で連続優勝、GPファイナル進出を決めた安藤。これまでは決めてもらうことが多かったそうだが、「今季からは曲選びからすべてコーチと一緒に相談して決めている」と言います。

最初についたのは門奈先生

 フィギュアスケートは8歳のときに門奈裕子先生の元で始めました。門奈先生がスケートでの夢を、スケートを好きになる気持ちを持たせてくれました。今、私のジャンプがあるのは、最初の先生が門奈先生だったからだと思います。

 続いて、小塚幸子先生(小塚崇彦選手の母)、佐藤信夫先生について、エッジの乗り方とか、スピンのポジションなどを教わりました。2人に習うことによってスケーティングのレベルも、得意にしていたジャンプに少しずつ追いついてきました。

 2005年5月からついたのはキャロル・ヘイス・ジェンキンス先生。彼女は、日本でつらかった時を支えてくれました。そして06年のトリノ五輪の後に、ニコライにつきました。

自分の意志でニコライに決める

 ジェンキンス先生までは母がコーチを決めていたけれど、ニコライは自分の意志で決め、初めて自分から動きました。当時、ニコライが指導していた荒川静香さん、特に高橋大輔選手のプログラムが好きだったんです。

 私が「あ、いいな」と思ったプログラムはほとんどニコライのもの。コーチしてもらえると決まったときは、うれしかったです。

 せっかく自分から振り付けてほしいと思った先生に習えているので、最初は無理しても頑張ろうと思いました。そうでないと成長できません。自分がその時にできる限りのものをやらないと、コーチも私が何をできるのか分からないですから。当時の練習後は全身筋肉痛でした。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
共有
印刷
その他

インタビュー 一覧

フォローする
「スケートは平日、毎日練習している」と浅田さん

 今年4月に現役引退した浅田真央さん(27)がこのほど、東京都千代田区にある日経ホールで行われた睡眠に関するパネルディスカッションに出席した後、日本経済新聞社の取材に応じた。一問一答は以下の通り。 …続き (2017/10/25)

高橋さんは引退後、解説者として初めて現場に戻ってきた

 フィギュアスケートの世界選手権が30日、米ボストンで開幕した。2014年秋に現役を引退後、解説者として初めて現場に戻ってきた、10年世界王者でバンクーバー五輪銅メダルの高橋大輔さん(30)に今大会の …続き (2016/3/31)

CM発表会で、祇園の芸妓の真生さん(右)と京舞の形を披露する浅田

 5月18日、現役続行を表明したフィギュアスケートの浅田真央(24)。1年に及ぶ休養期間には、今までできなかった様々なことを経験した。中でも、自ら志願したのが、京都・祇園での舞妓(まいこ)体験だ。祇園 …続き (2015/6/1)

ハイライト・スポーツ

サッカーワールドカップ2018

[PR]