2019年2月20日(水)
スポーツ > 相撲 > スペシャル > 記事

スペシャル

フォローする

大相撲 60連勝超えたもう一人の力士
編集委員 工藤憲雄

2010/11/14 10:20
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
その他

62連勝の白鵬と69連勝の双葉山。60連勝を超えた力士はもう一人、4代横綱・谷風梶之助という仙台が生んだ江戸時代の大横綱がいる。

谷風は、安永7年(1778年)3月から天明2年(1782年)2月にかけて63連勝している。とはいってもこのころは「預かり」「引き分け」を挟んでのもので、厳密にいえば連勝記録とは言い難い。しかし、谷風は雷電為右エ門とともに古今の最強力士とされ、その連勝価値は十分すぎるほ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

訂正>14日10時20分に掲載した「60連勝超えたもう一人の力士 白鵬と双葉山(1)」の記事中、「江戸から明治・大正にかけての横綱ばかり」とあるのは誤りで、雷電は大関でした。(2010/11/15 17:49)

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
17年春場所13日目、稀勢の里は土俵下に落ち、左胸付近を押さえながら動けなくなった

 大相撲の横綱稀勢の里が引退を決断した。2017年1月の初場所で悲願の初優勝を果たして横綱に昇進、翌3月の春場所もけがを抱えながら22年ぶりの新横綱優勝を飾った。新時代の扉が開いたかにみえたが、そこか …続き (1/16)

現役引退の記者会見で涙を見せる横綱稀勢の里=共同共同

 17歳で新十両、18歳で新入幕、19歳で新三役。歴代の大横綱をなぞるようなスピード出世だったことを思えば、稀勢の里が横綱としての責任を全うしたとはいえない。だが、優勝2回という記録以上に鮮烈な記憶を …続き (1/16)

日本相撲協会に退職届を提出し、記者会見する貴乃花親方(25日午後)

 25日に日本相撲協会に退職届を出した大相撲の貴乃花親方(元横綱)。無所属だったが、5つある一門に所属できずに追い詰められたことが退職の一因になったとの見方がある。そもそも大相撲の一門とはどういうもの …続き (2018/9/26)

ハイライト・スポーツ

[PR]