2019年1月22日(火)

ピッチの風

フォローする

U19代表敗退の責任も、つまびらかに
編集委員 武智幸徳

(2/3ページ)
2010/10/31 7:00
保存
共有
印刷
その他

育成年代の強化について、元日本代表監督のイビチャ・オシム氏は「"今"のサッカーではなく"5年後"や"10年後"にどんなサッカーが行われているかを見据えた上で、それに適合する選手を見つけ育てていくことが大事だ」と話す。

将来を見据えた選手育成を

今回のチームがそんな未来志向のチームなら救いはあるが、とてもそうは見えなかった。あれが5年後、10年後の日本なのだとしたら先行きは暗い。まあ、最近のフル代表を見るとU20、U17の世界大会には出られなかったノンキャリア組(中沢佑二=横浜M、岡崎慎司=清水、長谷部誠=ウォルフスブルク、中村憲剛=川崎F)の活躍が目立つので、埋もれた逸材の巻き返しがあると信じているが…。

本当にショックだったのは実は負けた後、だったかもしれない。日本サッカー協会がこの敗報をどれだけ真摯(しんし)に受け止めたのか、あまり伝わってこないのである。

"負け組"が捲土重来期すも…

前回のU19アジア選手権(2008年・サウジアラビア)でも国内(フル代表、ナビスコカップ)の日程を優先して、香川真司(現ドルトムント)と金崎夢生(現名古屋)という看板選手を辞退させる残念な決定を下した。そして、そのとき韓国に敗れ、日本のU20W杯連続出場を7回で途切れさせた牧内辰也監督を今回コーチとして入閣させた。上司に当たる監督の布啓一郎氏は高校サッカーで市立船橋を強豪に育てた名将だが、代表監督としては日本で開催した2004年U17アジア選手権で中国、北朝鮮の後じんを拝し1次リーグで敗退するという失態を演じている。つまり今回は"負け組"の2人にタッグを組ませ捲土(けんど)重来を期させたわけだが、またもアジアの壁を乗り越えられなかったのである。

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ピッチの風 一覧

フォローする
長友のハンドをめぐり、主審(中央)に詰め寄るオマーンの選手たち=APAP

 サッカーのアジアカップはベスト16の顔ぶれが出そろった。今回は日本でテレビ観戦を決め込んでいるが、放送の間にちょっと気になるのが「中東の笛」というフレーズである。そんなもの、本当にあるのだろうか。
…続き (1/18)

香川(手前右)は今季、クラブで出場機会に恵まれていない=ロイターロイター

 サッカーのドイツ・ブンデスリーガの強豪ボルシア・ドルトムントが、11月に日本のスポンサーを対象にしたワークショップを開いた。日本代表の香川真司も所属する世界でも有数のビッグクラブが日本で初めて行う、 …続き (2018/12/7)

川崎はここ5試合、負けていない=共同共同

 2018年の明治安田生命J1リーグは昨季のチャンピオン、川崎が今週末の第32節にも優勝を決める勢いだ。2連覇を達成すれば、12年、13年の広島以来、5チーム目の快挙になる。 …続き (2018/11/9)

ハイライト・スポーツ

[PR]