スペシャル

フォローする

2010ドラフト指名選手一覧

2010/10/28 17:19
共有
印刷
その他

※「右左」などは投打の順。「育」は育成選手。
セ・リーグ
●中日
1大野雄大佛教大 左左
単独指名 
2吉川大幾PL学園高 右右
3武藤祐太ホンダ 右右
4森越祐人名城大 右右
5関啓扶菰野高 右右
選択終了

●阪神
1榎田大樹東京ガス 左左
1回目入札 大石達也× 
2一二三慎太東海大相模高 右右
3中谷将大福岡工大城東高 右右
4岩本輝南陽工 右左
5荒木郁也明大 右左
阪口哲也市和歌山高
島本浩也福知山成美高
穴田真規箕面東高
選択終了

●巨人
1沢村拓一中大 右右
単独指名 
2宮国椋丞糸満高 右右
3田中太一大分工 右右
4小山雄輝天理大 右右
和田凌太広島工
岸敬祐四国九州IL愛媛
福泉敬大関西独立L神戸
荻野貴幸愛工大
財前貴男エイデン愛工大OB BLITZ
成瀬功亮旭川実高
川口寛人西多摩クラブ
丸毛謙一大経大
選択終了

●ヤクルト
1山田哲人履正社高 右右
1回目入札 斎藤佑樹×  2回目 塩見貴洋×
3回目 交渉権獲得
2七條祐樹伯和ビクトリーズ 右右
3西田明央北照高 右右
4又野知弥北照高 右右
5久古健太郎日本製紙石巻 左左
6川崎成晃熊本ゴールデンラークス 右右
北野洸貴神奈川大
上野啓輔四国九州IL香川
佐藤貴規仙台育英高
選択終了

●広島
1福井優也早大 右右
1回目入札 大石達也× 
2中村恭平富士大 左左
3岩見優輝大阪ガス 左左
4金丸将也東海理化 左左
5磯村嘉孝中京大中京高 右右
6中崎翔太日南学園高 右右
7弦本悠希四国九州IL徳島 右右
山野恭介明豊高
池ノ内亮介中京学院大
選択終了

●横浜
1須田幸太JFE東日本 右右
1回目入札 大石達也× 
2加賀美希昇法大 右右
3荒波翔トヨタ自動車 右左
4小林寛大阪学院大 右右
5大原慎司TDK 左左
6福山博之大商大 右右
7大原淳也四国九州IL香川 右右
8●岡賢次郎
●は雨かんむりに鶴
四国九州IL愛媛 右右
松下一郎関西外大
選択終了
パ・リーグ
●ソフトバンク
1山下斐紹習志野高 右左
1回目入札 斎藤佑樹× 
2柳田悠岐広島経大 右左
3南貴樹浦和学院高 右右
4星野大地岡山東商 右右
5坂田将人祐誠高 左左
安田圭佑四国九州IL高知
中原大樹鹿児島城西高
伊藤大智郎誉高
千賀滉大蒲郡高
牧原大成城北高
甲斐拓也楊志館高
選択終了

●西武
1大石達也早大 右左
交渉権獲得 
2牧田和久日本通運 右右
3秋山翔吾八戸大 右左
4前川恭兵阪南大高 右右
5林崎遼東洋大 右右
6熊代聖人王子製紙 右右
選択終了

●ロッテ
1伊志嶺翔大東海大 右右
1回目入札 斎藤佑樹×  2回目 交渉権獲得
2南昌輝立正大 右右
3小林敦七十七銀行 右右
4小池翔大青学大 右右
5江村直也大阪桐蔭高 右右
6藤谷周平南加大 右右
黒沢翔太城西国際大
山口祥吾立花学園高
石田淳也NOMOベースボールクラブ
選択終了

●日本ハム
1斎藤佑樹早大 右右
交渉権獲得 
2西川遥輝智弁和歌山高 右左
3乾真大東洋大 左左
4榎下陽大九州産業大 右右
5谷口雄也愛工大名電高 右左
6斉藤勝セガサミー 左左
選択終了

●オリックス
1後藤駿太前橋商 右左
1回目入札 大石達也×  2回目 伊志嶺翔大×
3回目 山田哲人×
2三ツ俣大樹修徳高 右右
3宮崎祐樹セガサミー 右右
4塚原頌平つくば秀英高 右左
5深江真登関西独立L明石 右左
選択終了

●楽天
1塩見貴洋八戸大 左左
1回目入札 大石達也×  2回目 交渉権獲得
2美馬学東京ガス 右左
3阿部俊人東北福祉大 右左
4榎本葵九州国際大付高 左左
5勧野甲輝PL学園高 右右
加藤貴大北信越BCリーグ富山
木村謙吾仙台育英高
川口隼人滋賀高島ベースボールクラブ
選択終了

スペシャルをMyニュースでまとめ読み
フォローする

共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
現役引退表明の記者会見に臨む阪神の藤川=共同共同

 今季限りでの引退を決めた、日米通算245セーブを誇る阪神・藤川球児(40)は野球の継投を変えた。ジェフ・ウィリアムス、久保田智之と形成した救援トリオ「JFK」の中核を担い、一時期は9イニング制の野球 …続き (9/5)

ジェット風船の使用禁止を伝える電光掲示板(23日、兵庫県西宮市の甲子園球場)

 プロ野球が7月10日から観客を動員するのを前に、阪神が6月23日に甲子園球場でのオリックスとの2軍戦で、ファンクラブ会員228人を試験的に入れた。ジェット風船を飛ばすことも、六甲おろしを口ずさむこと …続き (6/26)

12球団で唯一、親会社のない広島。財務状況は優等生だ=共同共同

 新型コロナウイルスの感染拡大でプロ野球の開幕は6月以降にずれ込むことになった。見込んでいた売り上げが立たない一方、選手年俸など支出の続く現状は球団経営に深刻な影を落とす。経営に関わる数字は多くがベー …続き (4/22)

ハイライト・スポーツ

[PR]