2018年8月20日(月)

ピッチの風

フォローする

ザック・ジャパン船出の相手、アルゼンチン代表の変化
編集委員 武智幸徳

(1/4ページ)
2010/10/3 7:00
保存
共有
印刷
その他

 ザッケローニ監督率いる日本代表が8日にアルゼンチン(埼玉スタジアム)、12日に韓国(ソウル・ワールドカップスタジアム)と親善試合を行う。8月末に就航した「ザック・ジャパン」の船出の試合で、9月30日に25人の代表メンバーも発表された。どちらも手ごわいが、特にアルゼンチンは相当な難敵である。

若く優秀なタレントを次々に

 アルゼンチンは言わずと知れたブラジルと並ぶ南米の強豪。ワールドカップ(W杯)で過去2度の優勝(1978年、86年)を誇る。今年の南アフリカ大会は準々決勝でドイツに大敗したものの、攻撃的なサッカーで見る者を沸かせた。

 この国の特色は、若く優秀なタレントを次々に生み出す力だろう。育成年代から代表のユニホームを着て戦うことの誇りを徹底的に植え付けられるせいか、やたらと勝負強い。2009年の20歳以下(U―20)W杯は南米予選で敗退するというショックに見舞われたが、それまでは01年優勝、03年4位、05年優勝、07年優勝とほぼアルゼンチンの独壇場だった。

U―20W杯を席巻

 01年はサビオラ(ベンフィカ=ポルトガル)、ダレッサンドロ(インテルナシオナル=ブラジル)、03年はマスケラーノ(FCバルセロナ)、テベス(マンチェスターシティ)、05年はメッシ(FCバルセロナ)、07年はアグエロ(アトレティコマドリード)、ディマリア(レアルマドリード)らが主力となってチームをぐいぐい引っ張った。

 2年に1度のU―20W杯を席巻する若い力は、そのまま23歳以下がメーンキャストになる五輪の舞台に集約されていく。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ピッチの風 一覧

フォローする
得点王争いのトップに立つFWパトリック(中)の充実ぶりが際立っている=共同共同

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会による中断を挟んだ後、再開した明治安田生命J1リーグは第22節を終えて広島が首位をキープしている。2位川崎に勝ち点差9をつけているが、川崎は7月末の台風によ …続き (8/17)

代表監督に就任した森保氏(中)。右は田嶋会長、左は関塚隆技術委員長=共同共同

 サッカー日本代表の新監督に、ワールドカップ(W杯)ロシア大会で西野朗監督を補佐した森保一(もりやす・はじめ)コーチがこのほど就任した。昨年10月からU―21(21歳以下)日本代表を率い、2020年東 …続き (8/3)

準決勝のベルギー戦前半、ゴールを狙うフランスのジルー(中)=三村幸作撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会はフランスの20年ぶりの優勝で幕を下ろした。決勝で初優勝を狙ったクロアチアを4―2で下し、デシャン監督は選手と監督の両方でカップを頭上に掲げる、史上3人目の …続き (7/20)

ハイライト・スポーツ

[PR]