日本サッカー世界への挑戦

フォローする

サッカー日本代表、責任感をもう一度思い起こせ
サッカージャーナリスト 大住良之

(1/6ページ)
2010/9/11 7:00
共有
印刷
その他

8月30日にようやくサッカー日本代表の新監督が決まり、イタリア人のアルベルト・ザッケローニ氏(57歳)の就任が発表された。新監督のベンチ入りはならなかったものの、9月4日と7日に4年後のワールドカップに向けた船出となる国際親善試合を2ゲームこなし、日本代表はパラグアイに1-0、グアテマラに2-1と連勝した。

パラグアイ戦で決勝点となるシュートを放つ香川(4日、日産スタジアム)

パラグアイ戦で決勝点となるシュートを放つ香川(4日、日産スタジアム)

ザッケローニ新監督がスタンドで見守る中、強化担当の原博実氏が監督代行として指揮をとった2試合。日本代表の戦いぶりは非常に対照的で、今後に向けて期待と心配が交錯するものとなった。

ずらり並んだ「海外組」

4日に横浜の日産スタジアムで行われたパラグアイ戦は、ワールドカップに出場した選手たちが中心となった。先発はGK川島永嗣(リールス=ベルギー)、DFは右から内田篤人(シャルケ=ドイツ)、中沢佑二(横浜M)、栗原勇蔵(横浜M)、長友佑都(チェゼーナ=イタリア)、MFは中村憲剛(川崎)と細貝萌(浦和)をボランチに置き、右に松井大輔(FCトム=ロシア)、左に香川真司(ドルトムント=ドイツ)、トップ下に本田圭佑(CSKAモスクワ=ロシア)、そしてFWのワントップに森本貴幸(カターニア=イタリア)。

ワールドカップ後に移籍した選手が相次いだため、海外組が7人も名を連ねた布陣となった。

迫力満点の好試合

パラグアイは、ワールドカップの決勝トーナメント1回戦でPK戦で敗れた因縁の相手。互いに闘志をむき出しにし、非常に引き締まった好ゲームとなった。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

日本サッカー世界への挑戦 一覧

フォローする
「オリンピック世代を含め30人近くの選手を呼んで意思疎通をはかりたい」と語る森保監督(15日)=共同共同

 「10月のFIFAインターナショナルウィンドウ(FIW)を利用して、サムライブルーはオランダで二つの国際試合を行うことになった」
 9月11日、日本サッカー協会の反町康治技術委員長は、協会公式サイト上 …続き (9/17)

8月19日の鹿島戦で先制ゴールを決める横浜FC・皆川(中央)=共同共同

 自陣のペナルティーエリア内にいるゴールキーパー、そしてタッチライン外から行うスローインを除いて、サッカーでは「手」を使うことができない。これこそサッカーを他の競技から際立たせている特徴に違いない。
  …続き (9/3)

昨年度の第99回天皇杯では神戸が初優勝を果たした


 世界のサッカーファンの耳目はポルトガルのリスボンで行われている欧州チャンピオンズリーグの「ファイナル8」に注がれている。しかし日本では、この大会よりはるかに歴史があり、第100回という記念すべき年を …続き (8/20)

ハイライト・スポーツ

[PR]