2018年7月18日(水)

インタビュー

フォローする

安藤美姫、長い海外生活「意思伝えることで変わった」

(1/4ページ)
2010/9/8 7:00
共有
印刷
その他

 フィギュアスケート女子の安藤美姫(トヨタ自動車)が海外に拠点を置くようになって早くも5年がたった。当初は外国アレルギーもあったというが、今ではすっかり慣れ、むしろ海外の方が過ごしやすいという。フィギュアスケートだけでなく、様々なシーンで外国で暮らす日本人が多くなった昨今。海外で生き抜くコツは、「自分の意思をはっきりと伝えること」だそうです。

アイスショーで演技する安藤美姫(8月、新横浜スケートセンター)

アイスショーで演技する安藤美姫(8月、新横浜スケートセンター)

最初はマネジャーと同居

 初めて海外に行ったのはジュニアの2年目、中学2年生のときだったと思います。場所は米国のデトロイト。(1994年世界選手権で優勝した)佐藤有香さんのところへ振り付けしてもらいに行ったんです。

 その後、05-06年のトリノ五輪シーズンに、初めて米国で住んだんですが、そのときはマネジャーが一緒に住んで下さった。そばに日本人のいてくれる環境だったし、英語の必要性は感じなかったですね。

「英語ぐらいは話せないと」

 ですが06年、ニコライ・モロゾフコーチに師事したとき、言われました。「トップクラスのスケート選手が英語くらいは話せないと、視野が広がらないよ。会見で通訳をつけているのは日本人くらいだ」

 確かにその通りですが、(英語で話さなければならないと思うと)苦痛でした。でも、早朝のリンクに行ったときに必ずいた中国系の女子選手が、私のつたない英語を一生懸命に聞いてくれて助けてくれました。

気持ちがあれば通じる

 今、ロシアのセルゲイ・ボロノフ選手らと練習していますが、彼らは英語が話せません。だから英語に関しては、私が、かつて中国系の女の子にしてもらったような役割をしています。でも、私もロシア語を勉強したいので、私はロシア語で話しています。聞こうとする気持ちと、伝えたいという思いさえあれば、けっこう通じるものです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
共有
印刷
その他

インタビュー 一覧

フォローする
「スケートは平日、毎日練習している」と浅田さん

 今年4月に現役引退した浅田真央さん(27)がこのほど、東京都千代田区にある日経ホールで行われた睡眠に関するパネルディスカッションに出席した後、日本経済新聞社の取材に応じた。一問一答は以下の通り。 …続き (2017/10/25)

高橋さんは引退後、解説者として初めて現場に戻ってきた

 フィギュアスケートの世界選手権が30日、米ボストンで開幕した。2014年秋に現役を引退後、解説者として初めて現場に戻ってきた、10年世界王者でバンクーバー五輪銅メダルの高橋大輔さん(30)に今大会の …続き (2016/3/31)

CM発表会で、祇園の芸妓の真生さん(右)と京舞の形を披露する浅田

 5月18日、現役続行を表明したフィギュアスケートの浅田真央(24)。1年に及ぶ休養期間には、今までできなかった様々なことを経験した。中でも、自ら志願したのが、京都・祇園での舞妓(まいこ)体験だ。祇園 …続き (2015/6/1)

ハイライト・スポーツ

サッカーワールドカップ2018

[PR]