ピッチの風

フォローする

ザッケローニ新監督の言葉を伝えるのは…通訳の重要性
編集委員 武智幸徳

(1/4ページ)
2010/9/5 7:00
保存
共有
印刷
その他

サッカーの新しい日本代表監督にこのほど、イタリア人のアルベルト・ザッケローニ氏(57)が就任した。イタリアで25年以上の指導歴があり、ACミランでセリエA(イタリア1部リーグ)の優勝経験もある大物。イタリア人の監督が日本で仕事をするのは、代表レベルでも、Jリーグでも初めてのことである。

ビッグクラブの監督を歴任

8月31日に就任会見した新監督は、ベテラン指導者とは思えぬ初々しい口調で抱負を語った。伝わってきたのは新天地でチャレンジできることの喜び。自ら「世界一厳しいリーグ」と定めるセリエAでは、やるべきことをやり尽くした思いがあったのだろう。

かつてジーコも在籍した地方クラブの雄、ウディネーゼでの仕事ぶりが足がかりになってACミラン、ラツィオ、インテル・ミラノ、ユベントスといったビッグクラブの監督を歴任した。しかし、覇権を握ったのは1998-99年シーズンだけ。その後はどのクラブでもシーズン直前やシーズン中に解任された監督の後を任されることが多かった。

「調整力」を備えた監督像

そこから浮かび上がるのは「調整力」を備えた監督像である。シーズン途中で監督が代わるということは、チームがうまくいっていないからで、後任監督にすれば常にマイナスの状態から出発するということ。

勝てないチームに共通する士気の低下、フロントの焦り、メディアやサポーターの怒りなどをたしなめたり、慰撫(いぶ)したり、鎮めたり盛り上げたりしながらチームを立て直さないといけない。これまでそういう役回りを多く振られたということは、周囲とのコミュニケーション能力を高く評価されてきた証拠だろう。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ピッチの風 一覧

フォローする
2018年にはYBCルヴァン杯に初優勝したものの、パワハラ問題発覚後の湘南はさえない試合が続く=共同共同

 J1湘南の曺貴裁監督が選手やスタッフへのパワハラ行為があったとして、Jリーグから公式戦5試合の出場資格停止などの処分を受けたことは、同監督の辞任へと発展した。10月4日の処分発表会見の場で明らかにな …続き (10/10)

鹿島は7月6日の磐田戦に勝利してJ1初の通算500勝に到達。小泉社長は「フットボールについてはこれまでの伝統とスピリットを継承してほしい」と話す=共同共同

 サッカーJ1の鹿島アントラーズの経営権の譲渡が30日、正式に完了した。公正取引委員会は同日までに、フリーマーケット(フリマ)アプリ大手のメルカリが、アントラーズの運営会社(鹿島アントラーズ・エフ・シ …続き (8/30)

対談するドルトムントのクラマーCMO(中央)と帝京大の冲永理事長(左)

 ドイツ・ブンデスリーガの強豪クラブ、ボルシア・ドルトムントでマーケティング部門のトップを務めるカルステン・クラマー最高マーケティング責任者(CMO)が先ごろ来日し、香川真司選手への感謝や日本との関係 …続き (7/18)

ハイライト・スポーツ

[PR]