/

ザッケローニ新監督の言葉を伝えるのは…通訳の重要性

編集委員 武智幸徳

サッカーの新しい日本代表監督にこのほど、イタリア人のアルベルト・ザッケローニ氏(57)が就任した。イタリアで25年以上の指導歴があり、ACミランでセリエA(イタリア1部リーグ)の優勝経験もある大物。イタリア人の監督が日本で仕事をするのは、代表レベルでも、Jリーグでも初めてのことである。

ビッグクラブの監督を歴任

8月31日に就任会見した新監督は、ベテラン指導者とは思えぬ初々しい口調で抱負を語った。伝わってきたのは新天地でチャレンジできることの喜び。自ら「世界一厳しいリーグ」と定めるセリエAでは、やるべきことをやり尽くした思いがあったのだろう。

かつてジーコも在籍した地方クラブの雄、ウディネーゼでの仕事ぶりが足がかりになってACミラン、ラツィオ、インテル・ミラノ、ユベントスといったビッグクラブの監督を歴任した。しかし、覇権を握ったのは1998-99年シーズンだけ。その後はどのクラブでもシーズン直前やシーズン中に解任された監督の後を任されることが多かった。

「調整力」を備えた監督像

そこから浮かび上がるのは「調整力」を備えた監督像である。シーズン途中で監督が代わるということは、チームがうまくいっていないからで、後任監督にすれば常にマイナスの状態から出発するということ。

勝てないチームに共通する士気の低下、フロントの焦り、メディアやサポーターの怒りなどをたしなめたり、慰撫(いぶ)したり、鎮めたり盛り上げたりしながらチームを立て直さないといけない。これまでそういう役回りを多く振られたということは、周囲とのコミュニケーション能力を高く評価されてきた証拠だろう。

「選手との対話」を強調

就任会見でも強調していたのは「選手との対話」だった。上意下達のコミュニケーションは排し、何でもオープンに語り合いたいと明言した。

日本代表の監督に就任し、記者会見するザッケローニ氏(8月31日、東京・港区)

「命令」は絶対だった"軍人タイプ"のトルシエ、威厳に満ちた姿が選手との関係を"先生と生徒"のようにしたオシムら、前任の外国人監督とはひと味違う親しみやすさを感じさせている。

外国人監督の成否のカギは通訳

ザック(ザッケローニ監督の愛称)がコミュニケーションの重要性を強調すればするほど気になることがある。それは「通訳」の問題である。

外国人監督の成否は、ほとんど通訳にかかっているといっても過言ではないからだ。いくら当人が濃密なコミュニケーションを選手やメディアとの間に築こうと思っても、あるいは具体的な戦術を授けようとしても、それが十全に伝わらなくては宝の持ち腐れになってしまう。

クラマーさんと岡野さんの関係

日本代表で通訳の成功例を探すと、「日本サッカーの父」とされるデットマール・クラマーさんと岡野俊一郎さん(現日本サッカー協会最高顧問)の関係がある。クラマーさんの指導を礎に日本は1964年東京五輪ベスト8、68年メキシコ五輪銅メダルという大輪の花を咲かせたのだが、クラマーさんと選手の間で骨を折ったのがコーチの岡野さんだった。

当時のクラマーさんの言葉の中には相当激しい叱責もあったそうだが、それをそのまま選手に伝えるとまずいと岡野さんが判断したときは、オブラートにくるんだり、とぼけて通訳しないこともあったという。

単なる通訳ではなく…

岡野さんの場合、単なる通訳ではなく、自身が気鋭のコーチだったことも伝達役としてうってつけだった。

コーチ資格を持つ人間が通訳を務めるケースは日本の場合、実は多くない。オフト、ファルカン、トルシエ、ジーコ、オシム……。通訳は協会職員やジャーナリスト、クラブ時代からの関係を持ち越した人が、そのときどきで務めてきた。

人間的な相性が優先の場合も

普通に考えれば、監督の通訳なのだから訳す側もサッカーに対して造詣が深い方がいいように思われる。ただ、日本で四六時中、行動をともにすることが多い監督と通訳は、単なる技量ではなく人間的な相性が優先される場合もある。

トルシエとフローラン・ダバディ氏の関係などその典型だろう。逐語訳的な正確さより、スポーツチームの通訳ならではの勢いやノリの良さが求められる状況もしばしば現れる。

求められる資質は幅広い

このように通訳に求められる資質は非常に幅が広いのである。トルシエの日本でのとりあえずの成功は、記者会見など公式の場(女性のプロの通訳=精度)とチーム内の通訳(ダバディ氏=勢い)を別々にしていたことも一因かもしれない。

「ボランチ」という言葉

日本に初めて迎えるイタリア人監督という点では、かの国のサッカー思想や哲学、戦術論を日本にうまく取り込むまたとない機会という気がする。代表監督が発する言葉は片言隻句、記録されて報道もされる。浸透力は高い。それだけに誤って伝わると弊害は大きい。うまく伝道するのは通訳の責務だろう。

Jリーグが1993年にスタートし、ブラジルの指導者と選手がどっと押し寄せるまで、日本で「ボランチ」という用語を知る人間はほとんどいなかった。それが今では普通に話されている。その定着の過程で、それまで日本では守備的MFと解されていたポジションの仕事の中身もどんどん発展、高度化していった。

サッカー観の何かを象徴

MFの真ん中に位置する守備的MF、ボランチ、そしてイングランドが好む4-4-2スタイルのセントラルミッドフィールダーは、似たような位置にいても求められる仕事は微妙に違う。

イタリアの場合、そこは「レジスタ」と呼ばれる。それぞれの呼び方はそれぞれの国のサッカー観の何かを象徴している。にもかかわらず、それらをすべてひっくるめて「ボランチ」と訳したのでは、選手や世間を惑わすことになり、監督の力をそぐことになる。

モウリーニョ監督もかつては通訳を

当代最高の監督とされるポルトガル人のジョゼ・モウリーニョ(レアル・マドリード監督)が若き日、FCバルセロナでイングランド人のボビー・ロブソン、オランダ人のルイス・ファンハールといった名将の通訳をしていたことは有名な話だ。

通訳とは単に言葉を右から左に、左から右に置き換える人ではない。それぞれのサッカー文化の仲介者なのだろう。モウリーニョの引き出しの多さを見るにつけ、この人は通訳としても優秀だったのだろうと思うのである。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン