ピッチの風

フォローする

ザッケローニ新監督の言葉を伝えるのは…通訳の重要性
編集委員 武智幸徳

(1/4ページ)
2010/9/5 7:00
保存
共有
印刷
その他

サッカーの新しい日本代表監督にこのほど、イタリア人のアルベルト・ザッケローニ氏(57)が就任した。イタリアで25年以上の指導歴があり、ACミランでセリエA(イタリア1部リーグ)の優勝経験もある大物。イタリア人の監督が日本で仕事をするのは、代表レベルでも、Jリーグでも初めてのことである。

ビッグクラブの監督を歴任

8月31日に就任会見した新監督は、ベテラン指導者とは思えぬ初々しい口調で抱負を語った。伝わってきたのは新天地でチャレンジできることの喜び。自ら「世界一厳しいリーグ」と定めるセリエAでは、やるべきことをやり尽くした思いがあったのだろう。

かつてジーコも在籍した地方クラブの雄、ウディネーゼでの仕事ぶりが足がかりになってACミラン、ラツィオ、インテル・ミラノ、ユベントスといったビッグクラブの監督を歴任した。しかし、覇権を握ったのは1998-99年シーズンだけ。その後はどのクラブでもシーズン直前やシーズン中に解任された監督の後を任されることが多かった。

「調整力」を備えた監督像

そこから浮かび上がるのは「調整力」を備えた監督像である。シーズン途中で監督が代わるということは、チームがうまくいっていないからで、後任監督にすれば常にマイナスの状態から出発するということ。

勝てないチームに共通する士気の低下、フロントの焦り、メディアやサポーターの怒りなどをたしなめたり、慰撫(いぶ)したり、鎮めたり盛り上げたりしながらチームを立て直さないといけない。これまでそういう役回りを多く振られたということは、周囲とのコミュニケーション能力を高く評価されてきた証拠だろう。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ピッチの風 一覧

フォローする
カメルーン戦へ向け、調整する日本代表の選手たち=共同共同

 サッカーの日本代表が今年初めての国際親善試合をオランダのユトレヒトで行う。相手は9日がカメルーン、13日がコートジボワールというアフリカ勢。今回代表に呼ばれたメンバーは全員海外組という日本代表史上初 …続き (10/8)

FC東京・長谷川健太監督が座るAKRacingのシート=FC東京提供FC東京提供

 JリーグのFC東京の苦しいフトコロをつかの間でも潤した椅子がある。ゲーミングチェアブランド「AKRacing(エーケーレーシング)」とのコラボ商品をこの夏、限定販売したところ、予想を大幅に上回る売れ …続き (9/10)

湘南・谷(右)は長身ながら俊敏な動きで大器の片りんを見せている=共同共同


 サッカーのJリーグで今季、20歳前後のGKが水を得た魚のように躍動している。長らく日本の弱点と語られてきたポジションに新しい波が台頭しつつある。
 東京五輪世代のGKといえば、既にA代表のデビューも果 …続き (8/13)

ハイライト・スポーツ

[PR]