スポーツ > コラム > 記事

ユーロスタジアム

フォローする

日本の新監督は正解? 英サッカーでもイタリアブーム
サッカージャーナリスト 原田公樹

(4/4ページ)
2010/9/4 7:00
共有
印刷
その他

指揮官に戦術眼を求める

こうした時代が長く続いたため、戦術眼に優れた英国人監督が育ってこなかったのだろう。また海外のクラブでプレーするイングランド人選手も数えるほどだから、現役時代に戦術眼を養う機会は多くない。

しかし近年は欧州チャンピオンズリーグに出場する強豪チームだけではなく、中堅クラブも欧州リーグなど、国際試合に出場する機会が増加。勝つためには、どうしてもフィジカルだけではなく、指揮官に高い戦術眼が必要とされることが分かってきた。

日本もザッケローニ監督を招く

イタリアはシステム論から理詰めの戦術、相手の分析などは超一流をいく。オランダの「サッカー学」も一流だが、W杯での優勝経験はない。だからいまイングランドで、イタリアブームが起きているのである。

このたび日本でも、代表チームの指揮官に初めてイタリア人監督であるザッケローニ氏を招へいした。

通訳を介してもいとわず

レベルの差はあるが、イングランドと同じ島国が、ワンランク上を目指すため、「カルチョ」の国の助けを借りようとしている。世界トップクラスがやっている手法なのだから、なんだかとても正しい道のような気がする。

それに日本の場合、指揮官が通訳を介して話しても、それをいとわない国民性を持つ。もしかすると近い将来、クラブの指揮官にも、イタリア人が続々とやって来るかもしれない。

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ユーロスタジアム 一覧

フォローする

 マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のMF香川真司が、一時の輝きをすっかり失ってしまった。いまやルーニーにトップ下のMFのポジションを奪われ、リーグ戦のレギュラーからも外されて、カップ戦要員に。そ …続き (2012/10/26)

 ザッケローニ監督が率いるサッカー日本代表が、“中間テスト”の時期を迎えた。いま欧州遠征中で、12日にフランス代表、16日にブラジル代表と戦う。
 このイタリア人監督に率いられて2年。昨年のアジアカップ …続き (2012/10/12)

 先日、イングランド・プレミアリーグのウィガンを指揮するロベルト・マルチネス監督がFW宮市亮について、こんな表現で褒めた。
 「リョウは素晴らしかった。お金を払って見るに値する選手だ」 …続き (2012/9/28)

ハイライト・スポーツ

[PR]