スポーツ > コラム > 記事

ユーロスタジアム

フォローする

日本の新監督は正解? 英サッカーでもイタリアブーム
サッカージャーナリスト 原田公樹

(3/4ページ)
2010/9/4 7:00
共有
印刷
その他

選手と直接話すことを避ける

基本的にイングランド人は、通訳を介した会話を嫌い、英語を上手くしゃべらない人を好まない。カペッロ監督は英国に住んで2年になるが、依然として英語は下手だ。それだからなのか、自身の流儀なのか、カペッロ監督は選手と直接、話すことを極端に避けている。

招集前に意思やケガの状況を確認するため、代表監督は各選手と電話で話すのが普通だが、カペッロ監督はそれを英語が得意なイタリア人の助監督にやらせているのだ。

コミュニケーション不足が原因?

W杯南ア大会でイングランドがチームとして、ひとつになれなかったのは、この監督と選手のコミュニケーション不足が原因、と指摘するメディアは多い。

またアンチェロッティ監督もマンチーニ監督も、ほかのフランス人やスペイン人指揮官と比べたら、英語は上手くないし、上達のスピードも遅い。

肉体的ぶつかり合いに魅力

それでもイングランドがイタリア人を必要とするのはなぜか。戦術眼なのではないか、と思っている。

イングランドサッカーの伝統的な戦い方は、キックアンドラッシュだ。縦パスを蹴って、そこへ走り込むスタイルで、高度な戦術を必要としない。イングランド人は戦術の巧みさより、局面での1対1の勝負や、肉体的なぶつかり合いに魅力を感じるからだ。

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ユーロスタジアム 一覧

フォローする

 マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のMF香川真司が、一時の輝きをすっかり失ってしまった。いまやルーニーにトップ下のMFのポジションを奪われ、リーグ戦のレギュラーからも外されて、カップ戦要員に。そ …続き (2012/10/26)

 ザッケローニ監督が率いるサッカー日本代表が、“中間テスト”の時期を迎えた。いま欧州遠征中で、12日にフランス代表、16日にブラジル代表と戦う。
 このイタリア人監督に率いられて2年。昨年のアジアカップ …続き (2012/10/12)

 先日、イングランド・プレミアリーグのウィガンを指揮するロベルト・マルチネス監督がFW宮市亮について、こんな表現で褒めた。
 「リョウは素晴らしかった。お金を払って見るに値する選手だ」 …続き (2012/9/28)

ハイライト・スポーツ

[PR]