スペシャル

フォローする

同志社大ラグビー部100年 捲土重来へ磨くタックル

(1/3ページ)
2010/8/26 7:00
共有
印刷
その他

同志社大学ラグビー部が今年、100年目のシーズンを迎えた。長く大学ラグビー界をけん引してきた名門も全国大学選手権3連覇を達成した1984年度を最後に大学日本一から遠ざかり、ここ2シーズンは関西大学リーグでも優勝を逃している。10月10日に開幕する節目のシーズンでの捲土(けんど)重来を期し、試練の夏を迎えている。

真夏の太陽の下、練習に励む同志社大のラグビー部員(京都府京田辺市)

真夏の太陽の下、練習に励む同志社大のラグビー部員(京都府京田辺市)

09年度は4位に甘んじる

5月4日に開かれた「100周年記念式典」。沖田行司部長は「相撲が日本の国技なら、ラグビーは同志社の校技だ」と力を込めた。翌5日の慶大との定期戦は10-5で勝利。記念試合とうたった一戦をものにし、うれしさのあまり涙する選手もいたという。

大学選手権で3連覇するなど、1980年代には黄金期を築いた同志社大。27年度に関西大学対抗戦として始まった関西大学リーグの優勝は41回を数える。だが、最近は低迷が続き、関西大学リーグでも2008年度から2季連続で優勝できず、09年度は4位に甘んじた。それだけに「100周年のシーズンに古豪復活を」と期待が高まる。

守り強化に重点

春から磨いてきたのがディフェンスだ。特徴的なのが2月のニュージーランド遠征から導入した「タックルポイント制」。各選手のタックルの成否を数値化している。

高得点を挙げた上位15人は自動的に次の試合の先発メンバーとなる。攻撃でどんなにめざましい活躍をしても、タックルができなければ出場の権利は与えられない。

5月の練習試合では主将が出場できないこともあった。点数を列記した一覧表が更衣室の壁に張り出される瞬間、選手は期待と不安が入り交じった表情で見つめる。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
南アフリカ戦の前半、倒れながら姫野(左)にパスを出すリーチ。パスの回数と正確性で日本は全チーム中、トップだった

 多彩な攻撃パターンからトライを奪える。多くのパスを正確に届けられる――。今回のワールドカップ(W杯)で初の8強に進んだラグビー日本代表の特長は、数字にも表れていた。
 データ会社STATS社と国際統括 …続き (11/15)

銀メダルを受け取り引き揚げるイングランドのエディー・ジョーンズ監督(右)。壇上から降りるとメダルを外し、ポケットにしまった

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)の決勝が2日に行われ、南アフリカがイングランドを32―12で破り、3度目の優勝を果たした。またもトロフィーを取り逃がすことになったのが、イングランドのエディー・ジョー …続き (11/4)

フィジーにある母の故郷で、親族らに囲まれるラグビー日本代表主将のリーチ(中央)=中尾悠希撮影


 「WELCOME HOME」。風に揺れる垂れ幕に触れ、ラグビー日本代表のリーチ・マイケル主将がほほ笑む。8月中旬、リーチはフィジーにある母の故郷を訪問。9月20日開幕のワールドカップ(W杯)日本大会 …続き (8/29)

ハイライト・スポーツ

[PR]