インタビュー

フォローする

高橋大輔「フィギュアは何と言ってもプログラム」

(1/5ページ)
2010/8/18 7:00
共有
印刷
その他
 フィギュアスケートはスポーツの中でもちょっと異質な競技だ。高度な身体能力を必要とするだけでなく、音楽、振り付け、衣装など気を配らなければならないことがたくさんある。しかも、多国籍のスタッフと協力しながら、演技を練り上げていくのが日常的な光景だ。
 バンクーバー五輪の日本勢の活躍で人気は高まったが、意外に詳しくは知られていない世界。月に1度、同五輪の銅メダリスト、高橋大輔(関大大学院)がフィギュアについて解説する。初回のテーマは「何といってもプログラム」。

「プログラムが面白くなかったら、見る気がしないでしょう」と語る高橋大輔

「プログラムが面白くなかったら、見る気がしないでしょう」と語る高橋大輔

プログラムに魅力があればみんな注目

フィギュアスケートはシングルの場合、ショートプログラム(SP)とフリーの2つがあるけれど、どんなプログラムにするかというのが演技の中で相当な割合を占めている。だってプログラムが面白くなかったら、見る気がしないと思いませんか?僕もそうだから。

ジャンプなどの技が必要なのは当たり前。表現力が加わればプラスアルファで演技がもっとよくなる。そしてプログラムに魅力があれば、みんな注目してくれるし、そのパワーは選手にも伝わる。

選手も乗る

そうしたプログラムが評判を呼び、世界で話題になると、選手も乗る。すると、さらにいいパフォーマンス、もっといい表現力が引き出されるものなんです。

そういったプログラムの力を感じたのは、2007年に世界選手権で2位になったフリーの「オペラ座の怪人」と、バンクーバー五輪で銅メダルを取れたフリーの「道」でした。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

インタビュー 一覧

フォローする
高橋は「自分で決めた現役復帰だから全てに前向き」と語る

 2010年バンクーバー五輪銅メダリストで、アジア勢男子として初めてフィギュアスケートのメダルを獲得した高橋大輔(関大KFSC)が4年ぶりの現役復帰を発表した。4月から本格的な練習を始めて約5カ月。4 …続き (2018/9/4)

「スケートは平日、毎日練習している」と浅田さん

 今年4月に現役引退した浅田真央さん(27)がこのほど、東京都千代田区にある日経ホールで行われた睡眠に関するパネルディスカッションに出席した後、日本経済新聞社の取材に応じた。一問一答は以下の通り。 …続き (2017/10/25)

高橋さんは引退後、解説者として初めて現場に戻ってきた

 フィギュアスケートの世界選手権が30日、米ボストンで開幕した。2014年秋に現役を引退後、解説者として初めて現場に戻ってきた、10年世界王者でバンクーバー五輪銅メダルの高橋大輔さん(30)に今大会の …続き (2016/3/31)

ハイライト・スポーツ

[PR]