2019年1月22日(火)

ピッチの風

フォローする

W杯から見えたもの 日本サッカーが目指す道
編集委員 武智幸徳

(3/4ページ)
2010/8/1 7:00
保存
共有
印刷
その他

最終ラインからのパス出しに差

スペインのように主導権を握れるチームの場合、楽なのはDF陣である。CBのプジョル、ピケ、サイドバックのセルヒオラモス、カプデビラのパス成功率は全員が80%を超えている。全員が正確なキックの持ち主であることに加えて、相手が自陣に散開して守備を固めてくれるので後ろの方の選手は悠々とパスを回せる状況が自然に生まれるのだろう。スペインのDF相手に前がかりでボールを取りに行ったのはチリくらいだった。

パラグアイのサンタクルスと競り合う長友(6月29日)=写真 今井拓也 

パラグアイのサンタクルスと競り合う長友(6月29日)=写真 今井拓也 

日本のDF陣は中沢(横浜M)と駒野(磐田)が60%台、闘莉王(名古屋)と長友(FC東京=当時)は50%台というパス成功率。攻撃の第1歩である、最終ラインからのパス出しがこの程度の精度ではまともな組み立ては無理ともいえるし、相手に主導権を握られながら体を張り続けたDFたちにパスの精度まで要求するのは酷という見方もできる。

体格差をハンディとせず

守備のブロックを自陣に敷いた日本の場合、DFたちのショート、ミドルのパスミスは即座に逆襲の餌食になる。それで自陣ゴールから遠ざけることを第一義にロングパスを選択すれば、必然的に精度は落ちる。それも成功率の低さの一因かもしれない。

そういう日本が、この先のW杯でベスト16よりさらに上を目指すためには、何を上積みすればいいのか。

一つの方向性としてスペインのような「パスの国」を目指す道がある。今回のスペインは先発メンバーの平均身長と体重は177センチ、73キロと日本(179センチ、74キロ)より小さいくらいだった。それでも相手の急所を突く戦術眼と、アイデアを可能にする技術力(パスの精度、パスとドリブルのコンビネーション)を武器に体格差を全くハンディとしなかった。

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ピッチの風 一覧

フォローする
長友のハンドをめぐり、主審(中央)に詰め寄るオマーンの選手たち=APAP

 サッカーのアジアカップはベスト16の顔ぶれが出そろった。今回は日本でテレビ観戦を決め込んでいるが、放送の間にちょっと気になるのが「中東の笛」というフレーズである。そんなもの、本当にあるのだろうか。
…続き (1/18)

香川(手前右)は今季、クラブで出場機会に恵まれていない=ロイターロイター

 サッカーのドイツ・ブンデスリーガの強豪ボルシア・ドルトムントが、11月に日本のスポンサーを対象にしたワークショップを開いた。日本代表の香川真司も所属する世界でも有数のビッグクラブが日本で初めて行う、 …続き (2018/12/7)

川崎はここ5試合、負けていない=共同共同

 2018年の明治安田生命J1リーグは昨季のチャンピオン、川崎が今週末の第32節にも優勝を決める勢いだ。2連覇を達成すれば、12年、13年の広島以来、5チーム目の快挙になる。 …続き (2018/11/9)

ハイライト・スポーツ

[PR]