ピッチの風

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

W杯から見えたもの 日本サッカーが目指す道
編集委員 武智幸徳

(1/4ページ)
2010/8/1 7:00
共有
保存
印刷
その他

 南アフリカのワールドカップ(W杯)が終わって早くも3週間がたつ。その間、日本サッカー協会(JFA)やJリーグではトップの交代があり、副会長から昇格したJFAの小倉純二新会長はイの一番に「日本代表監督の選任」を仕事に挙げた。9月に予定されるパラグアイとの親善試合がお披露目になるだろう新監督への期待を、南アフリカW杯で浮き彫りになったデータを元に考えてみた。

1次リーグのデンマーク戦で勝ち、手をつないで万歳する日本イレブン(6月24日)=写真 今井拓也

1次リーグのデンマーク戦で勝ち、手をつないで万歳する日本イレブン(6月24日)=写真 今井拓也

攻撃に物足りなさ

 南ア大会での日本代表が、当初の予想をいい意味で裏切ってベスト16に勝ち進んだことは本当に快事だった。意思統一がしっかりとれた堅守は、今後も日本代表の戦いの土台とすべきものだろう。ただ、南アでの戦いを冷静に振り返れば、攻撃に物足りなさを感じたのも事実だった。

 大会後に集計された数字にも、それは表れている。国際サッカー連盟(FIFA)の統計によると今大会最も多くパスを通したチームは3803本のスペインだ。試合を多くこなせばパスを通した数が増えるのは当然だが、ベスト4に残り、等しく7試合を戦ったチームの中でもスペインのパス成功本数は飛び抜けている(準優勝のオランダは2665本で3位、3位のドイツは2865本で2位、4位のウルグアイは5試合しか戦っていないアルゼンチンの2294本より少ない1890本)。

スペイン、高いパス成功率

 スペインの場合、さらに特筆されるのは80%というパス成功率の高さだ。1試合平均で断トツの543.2本のパスを交わしつつ、成功率の項目でもブラジル(79%)を従えてトップである(正確だからこれだけのパスを楽々と交換できる、ともいえる)。

 スペインがいかに「パスの国」であるかは、ベスト16に残った中で「ショートパス」「ミドルパス」「ロングパス」の3部門とも成功本数、成功率でトップだったことでも分かる。スペインの精度に辛うじて張り合えたのはブラジルくらいだった(ミドルパスの成功率84%がスペインと同率トップ)。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ピッチの風 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アルゼンチンのW杯出場を決めたメッシの働きは、これぞ「10番」の仕事といえる=APAP

 これぞ「10番」の仕事だった。サッカー・アルゼンチン代表のメッシ(30)が来年夏、ロシアで開かれるワールドカップ(W杯)にチームを文字どおり、導いた。南米予選敗退の危機に直面したチームだけでなく、W …続き (10/13)

監督が植えつけてきたチームのコンセプトは大きく変わることはなさそうだ=共同共同

 来年6月、ロシアで開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)に日本代表が出場を決めた。1998年フランス大会からの連続出場を6回に伸ばせたことは喜ばしい限り。南米のブラジル、北中米カリブ海のメキシコ、 …続き (9/13)

1得点1アシストし、パリSGで上々のデビューを果たしたネイマール=ロイターロイター

 サッカーのブラジル代表FWネイマール(25)がフランス1部リーグのパリ・サンジェルマン(パリSG)で1得点1アシストという上々のデビューを果たした。この夏、サッカー移籍史上最高額の2億2200万ユー …続き (8/16)

ハイライト・スポーツ

[PR]