/

Jリーグが高額契約 放映権、主役はスマホ

Jリーグが英動画配信会社と10年間の総額2100億円強の放映権契約を結ぶと発表した。近年、インターネットの動画配信サービスを通じて、スマートフォン(スマホ)で生のスポーツ観戦を楽しむ視聴者が増えている。ネットによるファン層の開拓や放映権収入の拡大がスポーツビジネスの中心になっている。

放映権料、7倍に

Jリーグは20日、英動画配信大手パフォームグループと、2017年から10年間の放映権契約を結ぶと発表した。
契約金額は総額2100億円強で、日本のスポーツ放映権としては過去最大となる。
パフォームがJ1~J3の全試合の放映権を獲得した。対象はインターネットへの配信やCS放送、有料のBS放送など。
現在は同様の対象で衛星放送のスカパーJSATと12年から5年間、年30億円程度で契約していた。放映権料は一気に7倍に跳ね上がる。
新たな契約でJリーグの試合中継の主力はテレビからスマホに変わる。同日記者会見したJリーグの村井満チェアマンは「サッカーがお茶の間から町に出て行く」と話した。
Jリーグは放映権料の増額で、所属クラブへの配分額を増やしたり国内サッカーの育成事業を充実させたりできる。
これまではスカパー!と契約した熱心なサッカーファン以外に、年間を通してのリーグのストーリーを伝えにくかった。
今後はスマホ、タブレット、ゲーム機などへの配信により、いつでもどこでも何度でも安価で視聴できる見込みのため、ストーリーが広く伝わるとリーグ側は期待する。
これまでの契約と違い、リーグ、クラブが短い動画を公式サイトなどで自由に配信できるようになる。
Jリーグ、ファン開拓にメリット 英社と放映権契約(7月20日)
パフォームが試合を配信するのはテレビではなくネット。ターゲットはスマホのユーザーだ。
場所と時間を選ばないためテレビと比べ視聴者や広告収入の増加が見込めるとみる。

バスケ新リーグを配信

今秋に開幕するバスケットボール男子の新プロリーグ「Bリーグ」のトップスポンサーに、通信大手のソフトバンクが決まった。
孫社長は「IT(情報技術)の力を借りてBリーグを一気に大きく飛躍させることに役に立ちたい」と話した。同社はインターネットでリーグの全試合を動画配信する。
プロバスケ、ソフトバンクがトップスポンサーに 男子新リーグ(3月10日)
9月開幕のバスケットボール男子の新リーグ「Bリーグ」が、通信大手ソフトバンクと4年総額で推定120億円のスポンサー契約を結んだ。
国内スポーツ界屈指の大型契約となったのは、インターネット向けの試合放映権も含む契約だったから。
同社はBリーグの試合をネット中継サービスのスポナビライブで放送する。
Bリーグは新たな層に訴えかける。「バスケは国内競技者60万人のほとんどが高校生以下。女性を取り込むにもいい」と今井康之専務。放映する競技を今後さらに増やしていくという。
バスケBリーグ、高額スポンサー契約 「スマホで観戦」先取り(6月7日)

ネットがテレビを上回る

スポーツのネット向け放映権料が沸騰している国が中国だ。昨秋、サッカーのスーパーリーグが結んだ放映権契約が世界で注目を集めた。
テレビとネットの放映権を含む包括契約だが、値上がりの主因はネット分の高騰だという。
中国ではスポーツ業界におけるネットとテレビの放映権料の割合が「今年で8対2か9対1になりそう」。
ネットとテレビの放映権料 中国では既に逆転(6月7日)
中国の家電量販最大手、蘇寧雲商集団(江蘇省)が6月6日、イタリアの名門サッカークラブ「インテル・ミラノ」の買収を発表した。
中国企業が買収で狙うのは海外でのブランド力に加え、購買力を高める中国の消費者に売れる強力なコンテンツだ。
欧州リーグの動画ネット配信やグッズ販売など、サッカーが将来のキラーコンテンツになるとにらみ巨額投資に踏み切る。
中国勢、欧州サッカーに的 蘇寧が伊インテル買収(6月7日)
世界的な放映権高騰の背景にはスマホへの動画配信の急増がある。
サッカーなどスポーツの生放送を見たいときにスマホで見たい消費者が増えている。
英サッカーのプレミアリーグの放映権料は年3000億円程度と高騰している。

米大リーグ、急成長の原動力に

結果が分かる前に観戦することに価値があるスポーツは、スマホ時代のキラーコンテンツとなりつつある。
スポーツのネット配信にいち早く目を付けたのが米大リーグだ。00年に30球団の共同出資会社を設立。同社の映像配信サービス「MLB.TV」がファンの間に浸透した。
巨額の放映料収入を各球団に配分、戦力強化にあてる好循環を生み出し、1990年代に低迷した大リーグが復活する原動力となった。

日本のプロ野球は12球団一体での放映権収入を増やす取り組みの遅れから、大リーグとの年棒格差が広がり、有力選手の流出を招いているとの指摘もある。

日本のプロ野球はビジネスとして成り立たないのか。1995年時点では米国の大リーグ機構(MLB)と日本のプロ野球との収入の規模はあまり変わりませんでした。
その後、2005年以降を比較しても日本のプロ野球は観客が若干増えてはいるものの、収入ベースでほぼ横ばいと言ってよい程度です。
MLBはなんとこの間に収入を日本の6倍にも伸ばしているのです。この20年で決定的な差をつけられてしまったのはとても残念です。
球春到来 野球ビジネスを考える(宮内義彦氏の経営者ブログ、3月18日)

高額の放映権料を得ているイングランド・プレミアリーグは、英国の欧州連合(EU)離脱問題の影響が注目される。

英国の欧州連合(EU)からの離脱がイングランド・プレミアリーグなど英国サッカー界に及ぼす波紋の大きさについて同国メディアが一斉に報じた。
ポンド安が進めば、選手獲得に要する移籍金、年俸などのコストが増加し、大物選手を取りにくくなるという見方で共通している。
プレミアリーグのテレビ放映権料は2016~17年シーズンからの3年間で総額51億ポンド(昨年2月の契約時の換算では約9400億円)に上る。もしスター選手の大量流出が起こるようだと、天井知らずだった放映権料が下落する可能性が出てくる。
EU離脱、英サッカー界に波紋 大物選手流出の危機(6月25日)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン